5-8.水を操る蝶人 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第5章 怪奇な森の従属蝶 8.水を操る蝶人

ほとりは、水の球の中で今までにない感覚を得た。川の流れ、形が羽を通して伝わってきていた。

そして、手にとったかのように川を自在に操り始めた。

ゴーレムが、水の引いた川に護岸の岩を積み始めた。

水の感覚

 水に流されて溶け消えてしまったゴーレムを見て、ほとりは、全身の力が抜けるように、その場に倒れ伏せた。

 シリカの話も自分が溺れたことも、自然の力の前では何もできない無力さを感じた。

 拳を振り上げ、自分を包み込んだ水の球を強く叩いた。

 水の球の表面に波紋が広がった。

 しかし、その波紋は球面だけにとどまらず、グーンと、激しく流れる川全体に響き渡ったのをほとりは感じた。

 今までに感じたことのない感覚が、背中の羽を通じて、体の中に入ってくる。

 上流から下流へ流れる川の勢い、水中を転がる石も、川幅も、子細に伝わってきた。

 手の平を上に向けると、川に落ちてくる雨粒一粒一粒が、どこに落ちているかもわかった。

 腕を伸ばして、少し上へと動かした。

 まるで川がゼリーになったかのように、形をなす感覚におちいった。

 下流側が流れはそのままに、浮き上がり、地面が見えていた。

 ほとりが意図したように、川が動いた。

 開いていた手の平をゆっくり少しだけ閉じる。すると、川幅が縮まり、見えない巨大なホースの中を通っているかのように、水の流れがまとまった。

川の制御

 本来の中洲が姿を現し、ほとりは川の上に立っていた。

 シリカが慌てて、近寄ってきた。

「ほとり、お前、何をしたんだ」

 仮面を被っているシリカだったが、驚いているのが見てとれた。

 ほとりは、自分が川の流れを制御できると伝えた。しかし、水から離れることはできない。離れてしまえば、そのつながりが消えてしまうのだった。

 シリカは、川を制御できる状況を見て、もう一度大樹王と話をしてみると言って、いなくなった。

 しばらくして、逃げ隠れていたゴーレムたちが、ぞろぞろと現れて、川の岩を積み直し始めた。

 すると、シリカも戻ってきた。

「大樹王がゴーレムにもう一度、護岸を作り直すよう指示した。そして、大樹王自ら森を説得する……」

「大樹王が? でも、私、川を別の場所に移すことまではできない。どうやって大樹王は……」

 シリカは、頷くだけだった。

「私は、そのためには、道具を取りに行ってくる。

 ほとり、悪いがそのまま川を維持しててくれ。ゴーレムの作業がしやすい」

「うん」

 腕がしびれ始めたほとりは、顔をゆがめた。

「すぐに戻ってくる。今度は、一人で飛ぶからそんなに時間はかからない」

 シリカは、やはり森の上を行かず、森の中に飛び込んでいった。

 雨はいっこうに止む気配はない。

 空中を流れる川に沿って、岩を積み上げていくゴーレムの視線を、時々、ほとりは感じた。

 流されてしまったゴーレムのことを恨んではいないだろうか。表情もなく、言葉も出すことなく、作業を進めていくゴーレムたち。

 一カ所が終われば、また別の場所へ。岩山の壁が前にもまして、厚く作られて、時間を追うごとにその山が伸びていった。

 中洲は、以前よりも狭くなっていた。それだけ厚い護岸を築き、どんな激流にでも耐えられるようにしているのがわかる。

 ほとりは、自分が川を制御しているので、わざわざ作り直さなくてもいいのではないかと思った。

 その間に、森を説得してくれればと。

 大樹王とシリカは、一体何をしようとしているのか、ほとりには検討もつかなかった。

持ってきたもの

 「ほとり――」

 森を抜け出てきたシリカの声だった。シリカが戻ってきた。

 しかし、シリカは、ベレノスの光が抱え持っていたのだ。シリカの腕の中で発するベレノスの光が、表面ついた無数の雨粒で乱れていた。

 ほとりは、それが不気味に感じられた。まさか、それを取りに帰った訳ではないと思いたかった。

「シリカ、それをどうして――」

「ほとり」

 そして、クォーツも姿を現した。その手にはクリスタルの剣を持ち、息を切らしてやってきた。

「クォーツ、もう大丈夫なの?」

「少し休んだからね」

「まだ無理しない方がいいんじゃぁ」

「休んでいられなかったんだよ」

 そう言ったシリカを見たほとりは、体のあちこちに切り傷があった。雨で濡れ、血が滲み流れてもいた。

 仮面をつけていないクォーツは、顔にも同じような細かな傷がついていた。

 森が二人を襲ったのだと、ほとりはすぐにわかった。きっとクォーツは、休んでいられず、剣で応戦していたに違いない。

 そこにやってきたシリカとともに、クォーツもここへやってきた。

「オイ」

 一体のゴーレムが呼んだ。

 シリカが向かうと、すぐにほとりの元へ戻ってきた。

「もう川の水を流してもいいって」

 ほとりは、一度シリカを呼んだゴーレムに視線を向けた。すると、頷きを見せてくれた。

「わかった」

 ほとりは、ゆっくりゆっくり両腕を下げていく。宙に浮いていた川が、ゴーレムの作った川の道に落ちると、濁流で川幅が埋まる。

 激しい流れは変わらないが、頑丈に作った護岸は、びくともしなかった。

 しかし、雨が降り続ければ、水の量が増え、また護岸が壊れるかもしれない。一刻も早く、雨を止めなければならなかった。

 クォーツに抱えられて、ほとりは川岸に降り立った。

 ゴーレムが川岸にならんで、岸壁が壊れないように見張っている。

 ほとりは、川が決壊しないことを祈った。

「ほとり、大樹王のところに行くよ」

 ほとりとクォーツは、シリカのあとに着いて、大樹王のいる林の中へ入っていった。

 前を行くシリカの姿を見たほとりは、一体何を取りに行ったのかわからなかった。ただ、ベレノスの光を抱えていること以外に変化はなかった。

5-9.祈り火

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第5章 怪奇な森の従属蝶 9.祈り火

更新のお知らせを受けとる

SNSをフォローしていただくと、小説の更新情報を受けとることができます。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

小説家・ブロガー・Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/2018年末までの5年半、毎日1つ一文で完結する一文物語を作り続けていました。現在、ファンタジー小説を当サイトで連載中!想像力が人生を豊かにするがモットー。

Web小説連載中!

「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
異世界に迷い込み、妖精の力を宿した少女のほとり。新しい理想水郷の島作りを目指し、様々な理想水郷を冒険をしていく長編ファンタジー小説!

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。