9/12〜10/7 Pinocchio展に参加します!

9月12日(水)〜10月7日(日)まで、東京・初台にあるMOTOYA Book・Cafe・Galleryにて、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、小説を出展します!詳細はこちらから。

2017年6月11日一文物語あとがき

一文物語あとがき タイトル 供養

今日の一文物語は、未来感と人間味を出したかった。

着想

今日の一文物語のもととなったインスピレーションは、写真を見てからです。

四年近く、毎日作っているので、とっくにネタはありません。
今は、作る時点になってから、どうしようかな、と考え始めます。

前日に、ひらめくこともありますが、今日はネットで写真を見て、コレは! と思ったものをヒントに物語を作りました。

その写真は、ロボットを供養する写真でした。
もちろん、供養しているのは人間です。

もし、人ではなくロボットが、動かなくなったロボットを供養する光景になれば、おもしろいかも思ったのが、きっかけです。

創作ポイント

ロボットに心があるのか、その辺りは読んでくれた方の想像におまかせして、特にこだわらず。
プログラムで動いているのか、自分の意思で動いているのかで、捉え方が変わってくるかも思ったからです。

供養することは、人として見立ててはいますが、せっかくなら解体される場面も書きたいと思いました。
解体プログラムという言葉で、ロボット世界観、SFっぽくなれば、ロボットと人とが対比される印象になるかと思って入れました。

オチ

最後に、ロボットがロボットに説法を解くオチ。

作り始めた時点では、説法の光景は思いついていませんでした。
もっと人間味が欲しいと思い、最後にロボット説法を入れました。
住職という設定でもあったので、しっくりきました。

電子データにでもして配れば一瞬でいいじゃん、と自問自答しましたが、ロボットがロボットを前に説法を解く光景を思い浮かべたら、今日のコンセプトがより強く出せるな、と思って書きました。

あり得ないなぁ、と思いつつも、書き終えてニヤける私でした。

最後に、未来感とはいえ、ロボットがロボットを供養することを突き詰めていくと、あまりよくない未来でもあるのか、と。

2017年6月11日一文物語

2017.06.11
一文物語あとがき タイトル 供養



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。