小説の文章が書けない理由を探していたら、新たしい執筆方法が生まれた-想造日誌

パソコンのキーボードを打つ手

久しぶりの活動日誌です。

11月の文学フリマ東京を終えてから、日誌をアップしていませんでした。

あいも変わらず、一文物語は続いていて、二ヶ月ほど止まっていた小説の執筆を再開しました。執筆に関しては、書くための考え方を開発していました。

一文物語365を各SNSでの更新を再開

文学フリマを終えて考えた結果、当ブログでの更新を停止しました。
そのかわりに、一文物語蜜集(ひと月分のまとめページ)を更新していくことにします。

一文物語更新SNS一覧

小説の書き方・執筆方法の勉強をして、新しい執筆方法が生まれた

夏前から書き始めていた小説が秋になって書けなくなり、それから書けない理由を探っていました。

書こうと思えば書けるのですが、書きたいように書けていませんでした。

小説の書き方に関する本や方法論は、たくさんあります。起承転結や三幕構成、ドラマツルギーなど。

しかし、私が求めているものはありませんでした。

私が悩んでいたことは、その場面でどんな文章を書けばいいのかわからなかったこと。

プロット(あらすじ)を作ったはいいが、それをどう作品という文章に、台詞に、描写にしていけばいいのか悩んでいました。

でも、勉強を進めていき、ようやく小説がどういうものなのか理解し始めました。

プロットからさらに構成を詳細にする方法を作りました。
これにより、そのシーンで必要な情報が整理できるようになりました。

キャラクターが何をすべきなのかというのも見え、読者への意図も明確にできるようになりました。
極端に言ってしまえば、情報整理と情報量のコントロールなのです。

おいおい、その方法を紹介できればと思っています。

現在は、一人称の作品を書いていて、この方法が機能しています。
また、同時に三人称視点の小説も書くので、こちらも上手く機能してくれれば、一つの方法論として形作れそうです。

今まで、手書きにより執筆にこだわっていましたが、新しく生まれた執筆方法は、容易に編集のできるパソコンでの執筆方法です。

私のこだわりを良い意味で崩してくれました。

まとめ

新しい執筆方法を見出すきっかけは、一文物語にありました。続けてきてよかったなと思いました。

同時に、新時代Web文学研究のヒントにもなりました。

しばらく悩んだ甲斐があったなと思えました。悩み続けることも悪くない。

想像は止まらない!

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。