第二十六回文学フリマ東京に出店します!

2018年5月6日(日)に開催される文学フリマ東京に出店します!一行小説をメインに、新タイトルのポケットに入る小さな手製本や2017年集BOX、一文物語ベストセレクション冊子を展開していきます!詳細はこちらから。

2017年6月13日一文物語あとがき-短い一文物語

一文物語あとがき タイトル 収穫しようと

今日の一文物語は、短いものにしたかった。

一文物語の長さについて

一文物語は、一文で完結すれば、文字数関係なく、長くても短くても、なんでもありとしています。

普通の文章に比べたら、一文物語は短めかもしれません。
書き続けていると、一文物語の中でも、これは長い作品、こっちは短い作品、という感覚を持つようになりました。

今日の一文物語は、短い作品になります。

どうして、今日は短くしたかったというと、今月に入ってから、長めの作品が続いているなぁと思っていました。

どこかで、短いものを、と考えていました。

一日一日、都度都度読んでいただいている方には、長めの一文でもいいのかなと思っていますが、これをひと月分にまとめたり、手製本はん・ぶんこでまとめて読んでいただく方にとっては、長い話が続いてしまうと単調になってしまうと思っていて、時々アクセントをつけるように、短い一文物語を挟みたいと思うようになりました。

短い作品が続くこともありますけど。

着想

畑のイメージがわいていたので、そこから考えました。

その畑では、作物の収穫の時期をむかえている。

作物を収穫……土から引き抜く。

大根を……?

一本のはずの大根が二股の足になって、走り出す。

以前、SNSでも二足歩行しているかのような二股になった大根がアップされていたのを見ていたせいか、みずから収穫される前に逃げたらどうだろうか、と思って作りました。

収穫されたあと、どうなってしまうかを考えたら、怖くて、逃げ出したいやつもいてもいいのかなと。

2017年6月13日一文物語

2017.06.13
一文物語あとがき タイトル 収穫しようと



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。