9/12〜10/7 Pinocchio展に参加します!

9月12日(水)〜10月7日(日)まで、東京・初台にあるMOTOYA Book・Cafe・Galleryにて、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、小説を出展します!詳細はこちらから。

2017年6月14日一文物語あとがき-1週間放置したアイデア

一文物語あとがき タイトル 兄を探して

今日の一文物語は、広大な麦畑が舞台。

着想

1週間ぐらい前に、広大な麦畑の写真を見て、ここを舞台に何か描けないかなと思っていました。

すぐには話が思い浮かばずに、しばらく放置していました。

できれば、J・D・サリンジャーの有名作の邦題に響きを似せたいと、頭の隅で考えていました。

なかなか物語が固まらずにいましたが、ふと設定を拝借すればと思いつきました。

その放題には、「つかまえて」とあったので、追いかけるか、追いかけられているのかというイメージを浮かびました。

その作品は、兄が妹に会いに行く流れを書いた作品だったので、逆に妹の立場から兄を追いかけているのはどうかと、考えました。

妹が兄を追いかけていたら、広い麦畑に迷い込んでしまった、という今日の一文物語になりました。

オリジナルとは

タイトルに似せたり、設定が重なったりすると、それは真似なのか。

オマージュといえば、カッコイイかもしれない。

でも、オリジナルにはなかなかならない。

もし、オリジナルというなら、きっとそのオリジナルを知らないだけなんだろうと思います。

アイデアを盗んだり、真似が悪いわけではない。ただ、同じことを同じ方向に向けるから、いけないんだと思う。

私は、ジャン=リュック・ゴダールの言葉が好きである。

そのアイデアを

どこから持ってきたかは大事じゃない。

どこに向けて使うのかが大事なんだ。

一度、自分の中で噛み砕いてから、組み直すことで、それはもとの同じ光ではなく、自分の光に輝くんだと信じている。

2017年6月14日一文物語

2017.06.14
一文物語あとがき タイトル 兄を探して



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。