2017年6月15日一文物語あとがき-読む人の想像を広げる工夫

一文物語あとがき タイトル 睡眠不足

今日の一文物語のキーワードは、月光浴。

着想

数日前に、月の写真をみて、「月光浴」という言葉が浮かびました。

日光浴があるんだから、月光浴があってもいいだろうと。

よくよく考えると、月光も日光、太陽の光りなんだよなと。

月の光を浴びることから、どう物語を作ろうか。

まず、思いついたのは、睡眠不足で、眠そうな人が出てきました。理由は、月光浴にはまっているからと。

睡眠不足になってまで、月光浴をする理由・心の美容を付け加えてでき上がりました。

読む人の想像を広げる工夫

今作は、あえて性別と年齢がわからないように書きました。
隣の席の同僚とだけにして、読み手に登場人物がどんな人であるかは、想像できるようにしました。

睡眠不足の人と質問する側を、どうとらえるかは自由で、どんな職場かもわかりません。

詳細を書いて書いて、リアルにその場の雰囲気を思い浮かばせても、想像は広がると思います。それでも、こちらが描くものと違っている時もありますしね。

案外、特定しないように作っても、一文物語を読んでくれる方は、その人なりに想像をして楽しんでくれることも多いのです。

 

月光浴せずに寝たらいいのに、と思うかもしれません。

いやいや、月光浴、自分もしてみようかと思うかも。

はたまた?

 

一文物語は、読む人によって、ぜんぜん解釈が違っていることがまた多い。

時折り、感想などを聞かせていただくと、自分の考えていた印象とまったく違っていて面白く感じます。

こちらとしても、そんな角度で見ていたのと驚くこともしばしばあります。

そのことを知ってからは、あえて詳細なことを書かない方法で、一文物語を作ることも増えました。

2017年6月15日一文物語

2017.06.15
一文物語あとがき タイトル 睡眠不足




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。