2017年6月18日一文物語あとがき-偶然が呼んだひらめき

一文物語あとがき タイトル 見捨てられ

今日の一文物語は、夢に見たことを起点に書きました。

着想

地底人が見捨てられるところまで夢で見ていました。

なんで地底人がハンバーガーを買いに来た夢を見たのか、そもそも不明ではあるのですが、地面から潜水艦のような船が盛り上がってくるところは、とても印象的でしっかり覚えていました。

このまま一文物語にできないか、と思いましたが、その場に残された地底人をどうしようか、悩んでいました。

偶然が呼んだひらめき

明日の一文物語はどうしようかなと思いながら、ウォーキングに行くと、偶然にもひらめく出会いがありました。

ウォーキング中に、旧友とばったり出会ったのです。
下手したら十年ぶりくらいです。
正面から歩いてきたのですが、声をかけてくれなかったら、スルーしてしまうところでした。

声を聞いて、その人だと気づいたくらいでした。

そこで、旧友と出会う、ことが、きっかけになり一文物語につながりました。

 

以前にも見捨てられた地底人が、地上で暮らしていたらと思いつきました。

置き去りにされた地底人と出会う流れはどうだろうか。

地上暮らしなれた元地底人は、地底では経験できないことをしてあげられたら素敵だなと考え、地底にはない夜の星空を見に行く流れにしました。

 

もし、ウォーキング中に、旧友と出会っていなかったら、この物語を生まれなかったかもしれません。

2017年6月18日一文物語

2017.06.18
一文物語あとがき タイトル 見捨てられ




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。