2017年6月18日一文物語あとがき-偶然が呼んだひらめき

一文物語あとがき タイトル 見捨てられ

今日の一文物語は、夢に見たことを起点に書きました。

着想

地底人が見捨てられるところまで夢で見ていました。

なんで地底人がハンバーガーを買いに来た夢を見たのか、そもそも不明ではあるのですが、地面から潜水艦のような船が盛り上がってくるところは、とても印象的でしっかり覚えていました。

このまま一文物語にできないか、と思いましたが、その場に残された地底人をどうしようか、悩んでいました。

偶然が呼んだひらめき

明日の一文物語はどうしようかなと思いながら、ウォーキングに行くと、偶然にもひらめく出会いがありました。

ウォーキング中に、旧友とばったり出会ったのです。
下手したら十年ぶりくらいです。
正面から歩いてきたのですが、声をかけてくれなかったら、スルーしてしまうところでした。

声を聞いて、その人だと気づいたくらいでした。

そこで、旧友と出会う、ことが、きっかけになり一文物語につながりました。

 

以前にも見捨てられた地底人が、地上で暮らしていたらと思いつきました。

置き去りにされた地底人と出会う流れはどうだろうか。

地上暮らしなれた元地底人は、地底では経験できないことをしてあげられたら素敵だなと考え、地底にはない夜の星空を見に行く流れにしました。

 

もし、ウォーキング中に、旧友と出会っていなかったら、この物語を生まれなかったかもしれません。

[kanren postid=”2647″]

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

小説家・ブロガー・Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/2018年末までの5年半、毎日1つ一文で完結する一文物語を作り続けていました。現在、ファンタジー小説を当サイトで連載中!想像力が人生を豊かにするがモットー。

Web小説連載中!

「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
異世界に迷い込み、妖精の力を宿した少女のほとり。新しい理想水郷の島作りを目指し、様々な理想水郷を冒険をしていく長編ファンタジー小説!

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。