2017年6月18日一文物語

突如、町中の地面を割って現れた地底潜艦から一人地底人が出てきて、ハンバーガー店で大量に注文をしている間に、地底潜艦はいなくなって見捨てられたことがわかりパニックになっていると、元地底人が現れ、それを食いながら夜の星空を一緒に見ようか、と言って、両手荷物いっぱいにして山へと向かった。

一文物語365 挿絵 ハンバーガー

2017年6月18日一文物語より

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる