2017年6月21日一文物語あとがき-擬人化する際は、要素を1つ2つプラスする

一文物語あとがき タイトル 足を取られて

今日の一文物語は、タコがスライディングをしたら、です。

着想

ガラスのタコの作り物の写真を見て、ふとスライディングしたら、吸盤に足をとられるんじゃないか、って思ったところから物語が始まりました。

タコの吸盤って、足の内側にあるので、外面でスライディングすればいいわけだと思ったり、吸盤って、自分でつけたら放したりできるよなと思ったりも。

たとえば、サッカーの試合中で、無我夢中で、相手からボールを奪おうと、スライディングをしていたなら。

野球で盗塁を決めようと、必死に走ってキャッチャーからの送球とほぼ同時にベースに滑り込む時に……。

そのあたりを想像して、書いていました。

擬人化

一文物語は、よく擬人化をして作っていることが多いです。

たいがい、そういう時はネタ出しに苦しんでいる時です。

 

擬人化は、良くも悪くも作りやすいと思っています。
最近のCMでもアニメ作品でも、擬人化キャラクターものが多かったりします。

自我を持たなかったものが、その特性を活かしたビジュアルと性格・意思を持った状態に面白みがあったりします。

 

現在は、いろいろと溢れすぎているようにも感じています。

ビジネス臭が強すぎるなと感じています。

 

ビジネス云々はさておき、擬人化は奇抜に見えて、案外普通で、普通だと逆につまらなくなる。

だいたい、誰でも思いつきそうな内容になってしまうと考えています。

なので、擬人化する際は、要素を一つ二つプラスするようにしています。

 

今日の一文物語でいえば、後半部分。
スミを吐いたり、恥ずかしさを覚えて、顔を赤くするような意味合いを込めてみました。

もともと足を取られて、というところを描きたかったのですが、さすがに前半部分だけで終わってしまうと、一文物語としてはチープだと思ったのです。

それに、擬人化なら、特性をとらえた落ちが必要かなと考え、後半部分ができ上がりました。

[kanren postid=”2682″]

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。