2017年6月25日一文物語あとがき 朝と髪の毛の個人的方程式

一文物語あとがき タイトル 髪

今日の一文物語は、朝起きての驚きを。

着想

今朝、今日の一文物語とは全然関係ない内容で、驚きというかビックリしたことがありました。

それじゃぁ、朝起きて驚くようなことを、と思い、考えた今日の一文物語。

いつものようにインターネットで、画像を流し見していると、髪の長い後ろ姿の女性が写った写真を見かけました。

朝と髪の毛が合わさる内容は、
自分の中では髪の毛が結ばれる一択。

そう思ってしまったのは、飯田茂実さんの一文物語集の影響です。

一文物語集の中に、髪の毛が結ばれる作品があります。

全然、違った意図で結ばれているのですが、その強い印象もあったと思います。

別の展開

今日は、不思議さが残る光景で終わらせました。これで納得はしています。

別の展開も考えていました。

髪の毛が伸びた女性が羨ましくて、髪がなくなった男性たちから、どうやったらそんなに伸びるのか問い合わせに迫られる展開。

薬を使ったのか、引っ張り伸ばしたのか、聞かれて困る女性を描こうとも思ったのですが、やめました。

 

先日、コントでも見ているのかと思わせるような女性の叫び声が、一日中テレビで流れていることがありました。

テレビを見なきゃ良かったわけではありますが、どうも一方的な非難めいた言葉の暴力というのは、心が削られます。自分が言われているわけではないのに。

 

それとこれとが、一文物語とは関係はないのですが、思いついた別展開の話は、その印象もあってか、取り下げました。

もし、書いていたら、いつか読み返した時に、この時のことを思い返すだろうと思ったので、思い出したくないことをわざわざ書き残そうとも思いません。

2017年6月25日一文物語

2017.06.25
一文物語あとがき タイトル 髪




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。