2017年6月26日一文物語あとがき ファンタジー風味を目指して

一文物語あとがき タイトル 暗雲を掘る

今日の一文物語は、梅雨空をなんとかしたいなぁ、と。

今日書くことを、昨日思いついていたのに、
一晩寝たら、違う物語を書いていていました。

近いうちに書きたいと思います。

着想

梅雨は梅雨で、しっかり雨は降って欲しいと思いつつも、やっぱり欲なのか青い空も見たくなってしまう。

そんな思いを込めた少年のお話にしました。

青い空で泳ぎたい少年が頭に浮かんできて、雲を何とかして退けようと思いました。

では、少年がその雲に穴を空けていくような物語はどうか。

そして、空の海で泳げるなら、そこに覆いかぶさる雲にも飛び込めるだろうと、夏なイメージも匂わせながら飛び込むシーンも入れました。

ファンタジーにしたかった

雲をどう蹴散らそうか、色々考えてみました。

雲を泳ぎまくって、バラバラにしてみようとか。
単純に手で掘って見ようとか。
丸めて、地上に落としてみようとか。

でも、ファンタジー風味にしたかったので、何か小道具を出そうと考えました。
そこで、スプーンを使おうとひらめきました。

スコップだと、泥臭さや硬い印象になりそうなので、スプーンの方が可愛らしいかなと。

そして、スプーンで、雲を掘っている、すくっているのも想像できたら絵になる。
雲をすくうところも、幻想的な描写でいいなと。

それで、挿絵も雲をすくったスプーンを描きました。
(甘いお菓子のようにも見えるような)

 

何より、スプーンを持った少年が、ビルの上で雲を睨むかのように立ち、雲に飛び込もうとするその姿が頭のなかで描かれた時、とても勇敢な少年にみえて好きになりました。

 

であれば、ハッピーエンドにしたい。

そう思って、最後は、光の広がりと少年の笑顔が重なるような光景にしました。

2017年6月26日一文物語

2017.06.26
一文物語あとがき タイトル 暗雲を掘る




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。