2017年6月27日一文物語あとがき 少し特別な日

一文物語あとがき タイトル 彼を殺して

今日の一文物語は、旅からの帰還がテーマ。

今日6月27日は、一文物語にとって少し特別な日。

6月27日の一文物語

この日は、旅からの帰還をテーマにして書くのだが、なんと昨年そんなことがなかったかのように、旅とは全く関係ない物語を書いていた。

自分で作っておきながら、統一感がない自分に落胆する。

一文物語は、基本的に続きがないように書いている。しかし、今日は少し特別な日。上手いこと、昨年の話から旅の帰還というテーマになぞらえることはできないかと、考えました。

去年の一文物語は、

自らを殺そうと、彼女は自分を知っている人たちを殺していった。

2016年6月27日一文物語より

去年の今、いったい何を考えていたのだろうか。思い出せない。
素直に、旅からの帰還をテーマに書いておけばよかったと後悔している。
済んでしまったものは仕方ないので、作るしかない。

着想

家に戻ってきて、家がどうにかなっているのが、今日の一文物語の形なので、去年の女が住みついていれば、物語になると思いました。

自分としても、この一年で新しい自分を見つけることもできたこともあり、殺された彼が旅路の果てに新しく蘇って、女の前に現れるというシチュエーションを組みました。

ある意味、去年、何を考えてあんな暗い一文を作った自分とは違うんだ、という意味づけにもなったような感じです。

 

意識的に、物語の続きを書いたのは初めてです。

似た形式で、続けて書くことはあるのですが、伏線を回収するようなことは今回が初の試みになりました。

去年があったからこそ、今日にしか書けない一文物語になったのではないかと思います。

思いを込めて

個人的な思いを詰め込みすぎている今日の一文物語ですが、何も知らず普通の一文物語と読んでもらえたら、良いです。

むしろ、どんな印象を受けたのか知りたいくらいです。

 

本当に、今日は、個人的な思いを詰め込みすぎていますが、今日と明日は特別な日ということもあり、おゆるしください。

それでは、また明日に。

2017年6月27日一文物語

2017.06.27
一文物語あとがき タイトル 彼を殺して




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。