9/12〜10/7 Pinocchio展に参加します!

9月12日(水)〜10月7日(日)まで、東京・初台にあるMOTOYA Book・Cafe・Galleryにて、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、小説を出展します!詳細はこちらから。

2017年6月29日一文物語あとがき 意味深な終わり方

一文物語あとがき タイトル カラス

今日の一文物語は、カラスがテーマでした。

6月26日に書くつもりでいた一文物語です。

その前日に、この物語を書こうと決めていたにも関わらず、
一晩寝たらすっかり忘れていて、違う物語を作っていました。

着想

夕方、ウォーキングをしているときでした。

少し離れた林の上空でカラスが何匹もいて、飛んでいるだけならまだしも、カーカーとあちこち叫ぶものだからとても騒がしくて、なんか不吉だなと思って歩いていました。

前後の日もウォーキングに行っていたのですが、その日だけ異様に騒がしかったのでとても印象的でした。

昔からカラスがたくさんいる場所には死体があると何かで聞いて、ずっとそれが頭から放れません。

迷信かもしれませんが。

ちょうどそれが重なり、物語にしようと思いました。

結末

意味深な終わり方にしてみました。

単に、カラスがいる場所にいって死体を見つけるという構想もありましたが、面白みにかけるなと思いました。

その場所に行くと、死体などなにもなく、実は彼が……という流れです。

最後、彼の視点が上を向いているところをどう想像してもらえるか。

 

読者に結末を委ねた終わり方です。

はっきり書いてしまっても、ゾッとするかもしれませんが、想像の余白がある分、いろんな想像してもらって、その一つにゾッとするものを感じてもらえたらと思って、あえて視野を絞った形にしました。

一文物語では、はっきり場面を書く時と、今日のように情報量を抑える形で表現することがあります。

どんな状況を思い浮かんだでしょうか。

2017年6月29日一文物語

2017.06.29
一文物語あとがき タイトル カラス



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。