2017年6月30日一文物語あとがき 一区切りをつける今日

一文物語あとがき タイトル 文字の星

今日の一文物語は、扉が開く、開いた先を書きたかった。

着想

今日は、タイトルにも書きましたが、一文物語に大きな区切りとなる最後の日。

少し、いやかなり特別感を持たせたかった。

一文物語視点になってしまうが、4周年を迎え、一つまた先へ進みたい気持ちを込めた。

そこで、扉という言葉が心に出てきた。
きっと、扉を開けてその先にはまだ道がある、という展開が見えた。

それを普通に書いては面白くない。一文物語と掛け合わせたいと思った。

一文物語を始めた時は、当然まっさらで何もない。そこから、真っ白な部屋を一文一文、一文物語で埋めていくイメージをした。

そして、今日、その中の「扉」という字のドアが開いて、真っ白で何もなかった部屋から出られるようになった。

でも、その先には……。

文字の星々

扉をベースに考えた当初は、後半の終わりのことはまったく考えられていなかった。

普段は、あまり個人的な気持ちを入れないのですが、今日は入れてもいいかなと思っていました。

ただ、それをどう言葉にするかまでは自分でもわかっていません。

中盤の扉を開くところまで書いたら、その後の文は自然と書き終えていた。

 

自分でも思ってもいなかった言葉「文字の星々」。

 

一通り今日の一文物語を作り終えて、何度か読み直している時に、これから先も自分で輝かせたい文字を探したいんだと思いました。

いつか誰かの心に光を灯せるような原石を探し、ずっと磨いて生きたいんだと。

明日からは、少し違った場所で、またその原石を探し、磨きにいく。

その腕を磨く場所を求めていたんだと思う。

この一文物語が好きだから、そうしたい。

[kanren postid=”2788″]

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。