足跡の二重の意味を出すのに悩んだ2018年6月22日一文物語のあとがき

ポケットに入る宇宙の一文散系のあとがき 二重の意味

自分の足跡を残したかった彼は、アスファルトの上を歩くのをやめ、土につけた跡は葉に隠され、砂漠では砂風に消されてしい、まだ固まっていないコンクリートに足を取られてその場から動けなくなり、銅像となった。

ポケットに入る宇宙の一文散系は、Noteでも新作をアップしています。

2018年6月22日の一文物語も、作り出すのに時間がかかってしまった。

砂漠についた足跡、から発想させて作ったのですが、このインスピレーションから全く先に進みませんでした。

アイデアは、枯れてから絞り続けていくと、溢れる出す時がある

足跡、が出てくる一文物語作品は結構あります。

使いやすかったり、印象に残せる言葉ではないかと思って、安易に使いすぎてるかもしれません。

ネタ切れなところも否めませんが、もう1800作ほど作っていると、ネタが常に溢れてくるわけではありません。

常に、必死でカラカラの雑巾を絞っています。

でも、面白いことに、想像は絞り続けていると、時に、スポンジのように水を含み出す時があるんです。

足跡の二重の意味

足跡、と言ってもいくつか意味が思いつきます。

砂漠を歩いた時につく足跡そのものであったり、歴史や成長、結果といった意味もあります。

本作は、後者の意味合いをどうにか出したいと思って悩んでいました。

本文中の最後まで前者の意味合いで、最後、銅像にその意味を託した形になりました。

あと、想像におまかせな部分として、コンクリートで動けなるところは、私の遊び心です。

どう想像してもらうか、どう捉えてもらえるか、言葉で何かを伝える、想像してもらエルのかという自分からの問いでもあります。

いつか、読んでくれた方の感想を聞いてみたいです。

 

毎日、一文物語「ポケットに入る宇宙の一文散系」の更新情報をSNSでアップしています。

一文物語の応援、お願いします!

ポケットに入る宇宙の望遠鏡ノートckip-note

noteでひと月ごとにまとめたノートを販売しています。
毎日更新している「ポケットに入る宇宙の一文散系」をまとめて読むなら、noteで!

手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1」

オンラインショップminneで一文物語を4ヶ月ごとにまとめた手製本を販売中!
会員登録なしに、手の平サイズの小さな本を購入可能です。

ポケットに入る宇宙の一文散系のあとがき 二重の意味



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。