Affinity Publisher Beta版を試してみて、InDesignの代わりになるにはまだ日本語機能が足りない

URLをコピーする
URLをコピーしました!

2019年6月20日、正式にAffinity Publisherが発売されました。

現在、セールで20%OFFで購入できます。いつ終了するかは不明です。

Affinity
Affinity Publisher – プロフェッショナル向けデスクトップパブリッシングソフトウェア Affinity Publisherは、お客様の想像力に命を吹き込む、次世代の本格的なパブリッシングソフトウェアです。

以前、Affinity Publisher Beta版を試してみました。

Affinity Publisherは、DTPソフトで、パソコン上で印刷物、雑誌や本、冊子などを作るソフトです。

Adobe InDesignに似たものです。願わくば、InDesignの代替えソフトになってくれないかと思ってもいます。

正式版では、メニューは日本語化できますが、縦書きの組版はできない様子です。

Beta版が発表されたので、Mac向けのAffinity Publisherを使用してみました。

目次

Beta版は、英語メニュー

Affinity Publisher Beta版の起動画面

日本語に切り替えることはできません。

製品版で日本語が実装されています。

ページ設定も自由にできる

Affinity Publisher Beta版のページ管理画面

InDesignのように、マスターページやページ構成の設定も自由にできます。

複数ページのレイアウトを想定して作られているだけあります。

ただ、どのくらいのページ数まで作れるか、動作するかは、まだ未知数です。

日本語入力はできるが、縦書きはできない

Affinity Publisher Beta版の日本語入力

日本語を入力することはできました。テキストフレームの連結もスムーズです。

しかし、入力には少し難があります。変換を決定すると、時々テキストがダブって入力されます。

また、日本語組版の機能は備わっていません。そのため、縦書きやルビの設定もできません。

プリント機能も標準のもの

Affinity Publisher Beta版のプリント設定画面

まだBeta版だからなのか、それともプリントには力を入れていないのか。

冊子のように印刷できる機能もついていると、嬉しいところです。

まとめ

ざっと触ってみたところ、日本語で本や冊子を作るには、まだまだ機能的には不十分な様子です。

日本語が実装されるとはいえ、おそらくメニュー表記向けで、日本語組版機能が備わるには、まだ遠いかもしれません。

日本語組版機能が実装されたら、需要あるソフトになると感じました。

購入は、Affinity Storeもしくは、Mac版はApp Storeで購入できます。

あわせて読みたい
InDesignで正規表現による検索置換で、段落スタイルの一発適用する方法! InDesignを利用して、繰り返し要素の段落スタイルを効率化する1つの方法をご紹介。 ここでは、手製本の一文物語365のプリントデータを作成するまでの流れで、前回の記事...

ブログ・サポートsupport

ブログコンサルティングサポートサービス

ブログを継続的に発信していくサポートを行っています。

ブログのお悩みや技術的なことを相談できます。

WordPressブログのコンサル・運用サポートプランもあり、メンテナンスやトラブルにも対応します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる