Pinocchio展開催中!

10月7日(日)まで、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、もしピノッキオが鉄で作られていたら、という小説を出展しています!詳細はこちらから。

Affinity Publisher Beta版を試してみて、InDesignの代わりになるにはまだ日本語機能が足りない

Affinity Publisher Beta版のロゴと表示画面

Affinity Publisher Beta版を試しみました。

Affinity Publisherは、DTPソフトで、パソコン上で印刷物、雑誌や本、冊子などを作るソフトです。

Adobe InDesignに似たものです。願わくば、InDesignの代替えソフトになってくれないかと思ってもいます。

Beta版が発表されたので、Mac向けのAffinity Publisherを使用してみました。

Beta版は、英語メニュー

Affinity Publisher Beta版の起動画面

日本語に切り替えることはできません。

製品版で日本語が実装されるとのこと。

ページ設定も自由にできる

Affinity Publisher Beta版のページ管理画面

InDesignのように、マスターページやページ構成の設定も自由にできます。

複数ページのレイアウトを想定して作られているだけあります。

ただ、どのくらいのページ数まで作れるか、動作するかは、まだ未知数です。

日本語入力はできるが、縦書きはできない

Affinity Publisher Beta版の日本語入力

日本語を入力することはできました。テキストフレームの連結もスムーズです。

しかし、入力には少し難があります。変換を決定すると、時々テキストがダブって入力されます。

また、日本語組版の機能は備わっていません。そのため、縦書きやルビの設定もできません。

プリント機能も標準のもの

Affinity Publisher Beta版のプリント設定画面

まだBeta版だからなのか、それともプリントには力を入れていないのか。

冊子のように印刷できる機能もついていると、嬉しいところです。

Affinity Publisher Beta版のダウンロード

Windows版とMac版を無料でダウンロードすることができます。

ダウンロードする際、アカウント登録が必要となります。

まとめ

ざっと触ってみたところ、日本語で本や冊子を作るには、まだまだ機能的には不十分な様子です。

日本語が実装されるとはいえ、おそらくメニュー表記向けで、日本語組版機能が備わるには、まだ遠いかもしれません。

日本語組版機能が実装されたら、需要あるソフトになると感じました。

合わせて読みたい関連記事

InDesignで正規表現による検索置換で、段落スタイルの一発適用する方法!

Tap Forms 5はMacで手軽に使える機能十分なデータベースアプリだったので、Filemakerから乗り換えました!

Affinity Publisher Beta版のロゴと表示画面



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。