A4より大きいサイズのスキャンをコンビニでやってみた。

コピー機

一般家庭向けの複合プリンターは、A4までしかスキャンできないのが一般的でしょうか。

自宅にあるプリンターもA4までしかスキャンできません。プリントするだけなら、A3はできるのですが。

どうしてコンビニでスキャンすることになったのか。

先日一文物語の絵を描いていただいたものをデータ化するために、スキャンしようと思い、絵をスキャナーの上に載せたら、はみ出してしまいました。
(データ化するには、作者様には許可を得ています)

はみ出るなら、二回に分けてスキャンして、PC上で結合させようかと思ったのですが、スキャン面とそれを囲う縁には段差があります。

木のボードに紙を貼り付けられて描かれている作品なので、ノートのように曲げることはできない。

スキャン面からどうしても浮いてしまい、スキャンすると浮いたところがボケてしまい、しっかりスキャンすることができかった。

コンビニのコピー機でスキャン

調べてみると、コンビニのコピー機でスキャンできる。しかもA3サイズまで可能。

スキャンしたデータは、USBメモリーかスマホにダウンロードできるときた。

USBメモリーを持って近くのコンビニへ。
コピー機の設定を進めていくと、いくつもの差し込み口があるカバーが開く。

コピー機差し込み口カバー

コピー機差し込み口

スキャンで使えるメモリーは、ここではUSBメモリーのみです。
その他の差し込みスロットは、写真向けのメモリーカード用のようです。
写真も自宅でプリントしてしまうため、なかなかコンビニのコピー機を使う機会もなくなりましたね。

カラーか白黒を選び、ファイル形式も選択可能だった。
ただ、カラーはJPEG一択。
解像度は、300dpiと400dpiが選択可能。
600dpiの解像度も用意されていたが、それは白黒のみの設定だった。

スキャンサイズは、B4。
カラーで400dpiにしてスキャンしました。
ちょうど10MB。
高解像度だとファイル変換に時間がかかると表示されていたが、特に待たされることもない。

スキャンしたデータはこんな感じ。
画像サイズは落としていますが、いい感じでスキャンできました。

一文物語の絵

スキャン料金は、一枚30円でした。

大きいサイズのスキャンをしたくて困っていたら、コンビニでスキャンしては見てはいかがでしょうか。

一文物語の絵の詳細記事は、こちら
[kanren postid=”285″]

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。