小説の第3章が書き上がり、日々形になっていくのをしっかり実感した日-想造日誌

見開きノートの厚さ比較#81

2017年8月31日の活動日誌。

Story Works/執筆

一文物語365

2017年8月31日一文物語

2017.08.31

水飲み場 執筆進行

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

81日目。1ページ、書き進めることができました。
そして、第3章を書き終えることができました。
締めくくりもいい形になったと思います。

テキストデータ入力は、5,000字ほど入力。
こちらも第2章まで、データに打ち直すことができた。

ここまでを友人に読んでもらうため、データの書き出しをおこなった。
Scrivenerからテキストを一旦書き出し、hagoromoで縦書きレイアウトにし、PDFデータにします。

あとepub形式にもしたいので、それを行う予定。

J 企画

同時に書こうと思っている小説コードネーム「J」。

注文していた資料が届いた。読み込みながら、設定を深めて行きます。

手製本制作

新作はん・ぶんこ 一文物語365 中巻

表紙のプリントをするのだけれど、手がつけられなかった。

今日で、8月が終わったので、この巻5月から8月までをまとめることができる。
表紙作りをしつつ、本文の作成も進めていく。

9月中旬には、完成を目指したい。

新作糸かがり手製本 一文物語365 2016年集

注文した表紙用の紙が届くのを待つ。

あとがきに書きたいことをまずはリストアップした。

まとめ

小説「水飲み場」の第3章を書き上げたのと、テキストデータ入力が第2章まで終わったことの達成感に満たされた日。

とにかくゆっくりではあるが、形になっているのを自分自身が実感している。
以前まで自分は、単なる流れ行く者であった気もするが、ひとつひとつを感じながら生きているなと思えるようになった。

特に小説を書き始めて、そう思う。

見開きノートの厚さ比較#81




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。