たんたんと手製本用の表紙を切り抜いた日-想造日誌

一文物語365 新作手製本はん・ぶんこ天の表紙切り抜き

2017年9月3日の活動日誌。

Story Works/執筆

一文物語365

[kanren postid=”3613″]

水飲み場 執筆進行

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

第4章のプロット再構築中。4章の結末はできているのに、中盤がなかなか決まらずに悩んでいる。

テキストデータ入力は、2,000字ほど入力。

J 企画

同時に書こうと思っている小説コードネーム「J」。

ネタを寝かせるため、お休み。

手製本制作

新作はん・ぶんこ 一文物語365 天

新作はん・ぶんこ 一文物語365 天の表紙切り抜き

新作はん・ぶんこ 一文物語365 天の表紙切り抜き

プリントした表紙を厚紙に貼るためのサイズに切り抜きました。

20部作るので、表紙と裏表紙で合計40枚。

新作糸かがり手製本 一文物語365 2016年集

一文物語365 2016年集の表紙切り抜き

年集の表紙も厚紙に貼るため、切り抜きました。

巻末におさめるあとがきを書き進めました。

まとめ

悩んでいる時は、たんたんと作業できて成果が出ることをすると充実する。

そして手を動かしていると、ふとした時に、アイデアも降りてくる。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。