新しいことをやって悩んで頭痛に。でも、手製本を4冊糸かがりできた日。-想造日誌

新作手製本はん・ぶんこ一文物語365 天 糸かがり5冊

2017年9月8日の活動日誌。

午後から頭痛になる。ここのところ頭痛が起きている。たぶん、天気が関係しているじゃないかと思っている。

そして、逆算手帳という言葉が、私の目の周りを飛び交っている。

だんだん気になり始めているこの頃。

ブログの設定

昼前に、ブログの更新をお知らせする設定を行った。

今日更新した記事を指定の時間に、Twitterに流す設定。

たとえば、お昼にアップした記事をその日の夜10時に、今日アップした記事、とツィートする感じ。

IFTTTでレシピを作って、bufferへ送る設定をした。

もしかしたら、この新しいことをやって、頭痛になったのかもしれない。設定メニューが全部英語だったから、疲れたのかもしれない。

Story Works/執筆

一文物語365

[kanren postid=”3679″]

水飲み場 執筆進行

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

頭痛のため何も考えられず、手がつけられていない。

テキストデータの入力もできず。

J 企画

同時に書こうと思っている小説コードネーム「J」。

頭痛で、というよりいっこうに手がつけられていない。

手製本制作

新作はん・ぶんこ 一文物語365 天

新作手製本はん・ぶんこ一文物語365 天 糸かがり5冊

頭痛になると、思考関係のことはできないので、手作業するほかない。

なんだかんだで、4冊糸かがりすることができた。

累計5冊糸かがり済み。20冊全てまで、あと15冊。

また、新たに糸かがりのコツを掴むことができた。冊子と冊子の間にどうしても隙間ができてしまう。

極力この隙間を狭くする。そのコツをつかみ始めた。今回で、マスターできるだろうか。楽しみだ。

新作糸かがり手製本 一文物語365 2016年集

本文用紙を半分に折る作業中。1部だけ、折る作業をした。

まとめ

頭痛になったとはいえ、その中でも糸かがりを4冊できたことで、とても充実感を得られた。

どんどん作って行こう。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。