9/12〜10/7 Pinocchio展に参加します!

9月12日(水)〜10月7日(日)まで、東京・初台にあるMOTOYA Book・Cafe・Galleryにて、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、小説を出展します!詳細はこちらから。

ストレングス・ファインダーのワークショップに参加して充実した1日-想造日誌

黒板

2017年9月23日の活動日誌。

ストレングス・ファインダーのワークショップに参加にあたり、外出したため、執筆や手製本には手をつけていません。

創作の進捗は、一文物語の更新のみ。

Story Works/執筆

一文物語365

2017年9月23日一文物語

2017.09.23

水飲み場 執筆進行

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

手をつけておらず、進んでいない。

J 企画

同時に書こうと思っている小説コードネーム「J」。

手をつけておらず、進んでいない。

J企画は、いったん保留にして、日誌での報告を取りやめます。

手製本制作

新作糸かがり手製本 一文物語365 2016年集

手製本一文物語365 2016年集 糸かがり

手をつけておらず、進んでいない。

累計4冊糸かがり済み。10冊全てまで、あと6冊。

まとめ

創作には、ほとんど手をつけられなかったけれど、ストレングス・ファインダーのワークショップでとても充実した時間を過ごせたので、満足度の高い市日でした。

ワークショップの内容については、別に記事にまとめる予定です。

引き続き、創作もやっていきます!

黒板



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。