朝活で執筆して清々しい1日が始まって、友人たちと旅行の計画を立てた日-想造日誌

見開きノートの厚さ比較#89

2017年9月30日の活動日誌。

午後、出かける予定があったので、午前中にやれることは全てやった。

朝活に執筆もできて、とても気分が良かった。朝早く起きることは、1日をよりよくしてくれる。

午後、友人達と会って、来月の旅行について計画を立てていた。

思いの外、すんなり話がまとまったり、計画のフットワークの軽さに驚いた。

ただ、移動時間が長めなので、退屈しないように工夫が必要だと思っている。旅行まで時間はあるので、何か考えていこうと思う。

旅をしながらブログを書くことになると思うので、モブログやそのための準備もしていきたい。

Story Works/執筆

一文物語365

[kanren postid=”3989″]

水飲み場 執筆進行

見開きノートの厚さ比較#89

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

89日目。14行、書き進めることができました。

出かける予定があったので、朝活で執筆することができた。

久しぶりの朝活執筆だったけど、朝に文章を書くのはとても清々しいと改めて感じた。

明日を良くするまとめ

先週できなかったことを一つずつ進めていく。

ブログ塾の課題や、書こうと思っているブログ記事に取り組もうと思う。

ほぼ日手帳の活用方法もわかり始めたので、そのこともブログに書きたい。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。