人と会った翌日ということもあり、整理整頓をして気持ちを落ち着かせた日-想造日誌

2017年10月1日のほぼ日手帳

2017年10月1日の活動日誌。

一文物語だけ創作活動して、執筆には手をつけなかった。

人と会った翌日ということもあり、気持ちを落ち着かせたかった。興奮が冷めていなかったり、普段とは違う疲れ方をしていると、執筆には集中できない。

しばらく片付けていなかった本棚の整理をしたり、製本作業を終えたので部屋の整理整頓をしたりした。

整理をしていると、もっと物を減らしてシンプルにしたいといつも思う。必要最低限のものだけを残しておきたいと。

ブログをはじめてからというもの、だんだんやりたいことが明確になってきて、必要なものと不要なものがわかるようになってきた。

自分で書いた記事は、時間を置くと客観的に見れて、自分の考えていることがわかるようになってきた。自分のことがわかり始めて、色々と判断できるようになってきた。

足りない物や事もあるが、心の気持ちな部分においても身につけたいというものも出てくる。

また衣替え時期になるし、服をはじめ、モノやコトをもう一度そこで見直すのも良さそうだ。

Story Works/執筆

一文物語365

[kanren postid=”3997″]

水飲み場 執筆進行

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

手をつけておらず、進んでいない。

明日を良くするまとめ

季節の移り変わりに合わせて、自分のライフスタイル、創作活動やブログを毎日続けていけるように、生活サイクルを整えていく。

Web小説連載中!

ファンタジー小説「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
泳げない少女が、予言の子として理想水郷を作る異世界に移動してしまう。蝶の羽を生やす妖精の力を得て、理想水郷となる島を巡って、この世界に隠された力を奪い合う争いに巻き込まれる。

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。