朝活執筆して、手製本の購入もあって素敵な1日-想造日誌

見開きノートの厚さ比較#92

2017年10月4日の活動日誌。

前日、いつもより30分早く寝たら、朝スッキリ起きることができた。朝活で執筆もすることができた。

オンラインで手製本の購入もあり、嬉しかった。

ブログ記事を書いていたが、この日中に公開が間に合わなかったが、先週取りかかれていなかったものが形になっている。もうちょっと書いて公開しよう。

Story Works/執筆

一文物語365

水飲み場 執筆進行

見開きノートの厚さ比較#92

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

92日目。1ページと3行、書き進めることができました。

なんだか、気持ちよく言葉が出てくるようになってきたと思う。この気持ちを忘れず、続けていきたい。

明日を良くするまとめ

考えて選択するべきことがいくつかあり、どれも決めかねていた。どうするか考えて、疲れてしまっていたと思う。

スパッと決めて、進んでいこう!

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。