一文物語の新しい連想きっかけの方法を発見し、プロットが大きく進んだ日-想造日誌

プロットの時系列

2017年10月15日の活動日誌。

ワークショップを開く方向で進んでいる。だが、一つの問題として、場所。

最初、地元の駅周辺でと思っていたが、なかなか良いところがない。新宿あたりになりそうだ。

ワークショップの進捗については、まだそんなところです。

Story Works/執筆

一文物語365

新しく連想方法を思いついた。この二日間ほど試して、なかなかいい方法だと思っている。

今まで、ネットで写真や文章を読んでそこから発想していたが、新しい方法は、本のタイトルから連想するやり方。

その本の内容とは全く無関係な物語にはなっている。タイトルの意味も含め、漢字が並んでいると、いろんなことを連想させてくれる。

日本語、面白い。

水飲み場 執筆進行

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

風呂場で降りてきたアイデアから、プロットを肉付けすることができた。

前に作っていたプロットより濃いものになって、話がかけるようになった。

まだ、一箇所、穴が空いているのでそこを埋める必要がある。

まとめ

プロットに関して、今まで見れていなかったことが見れるようになっていると感じた。

他の作品も書く際には、ここで得たことを活用できよう。

プロットの時系列




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。