9/12〜10/7 Pinocchio展に参加します!

9月12日(水)〜10月7日(日)まで、東京・初台にあるMOTOYA Book・Cafe・Galleryにて、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、小説を出展します!詳細はこちらから。

手製本ワークショップの告知ページの作成を始めて、以前書き途中だった小説のあらすじを読み返した-想造日誌

糸かがり手製本いろいろ

2017年10月17日の活動日誌。

手製本ワークショップの申し込みを19日の夜8時に、開始します。そのページの文章や写真を作っています。

申し込み方法をいろいろ考えた結果、フォームにする。たぶん、メールアドレスを持っていれば簡単に申し込みできるはず。

Facebookでやれば、管理も簡単だったりすると思うが、もしかしたら人が限られてしまうのでは思ったりした。

何はともあれ、一度やってみて考えていく。

Story Works/執筆

一文物語365

水飲み場 執筆進行

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

一ヶ所、プロットがまだ考えついていない。

虹色の虫眼鏡

「虹色の虫眼鏡」は、これから執筆しようとしている小説のコードネームです。

以前、プロットは書いて放置していた作品を掘り出してきた。完全に内容を忘れている。

なぜ、掘り出してきたかというと、キーボードで直接入力して書きたい思ったからだ。

キーボードで書いた方が圧倒的に速いのはわかるが、なかなか手につけられていないので、やってみようという思う。

ブログやそのほかの文章は書けるのに、小説はキーボードでは上手く言葉が出ない。

これも慣れなのか。

まとめ

ワークショップをやろうと思ったり、また新しく小説を書こうと思ったり、新しいこと尽くしだけで、考えることにヒーヒーしてしまっている。

でも、たぶん最初のうちだけで、感覚が掴めたら流れるようにできているのだ!

糸かがり手製本いろいろ



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。