3/7〜4/1 Book Lovers 本好きの人が、本好きの人のために作るブックイベントに参加します!

3月7日(水)〜4月1日(日)まで、東京・初台にあるMOTOYA Book・Cafe・Galleryにて、箱に入った糸かがり手製本が展示されます。ぜひ、遊びにいらしてください。詳細はこちらから!

ブログのタイトルロゴが出来上がり気持ちも新たに、手順書作成、小説の執筆を進めた10月最後の日-想造日誌

Mizucics Notes 想像力が自分の人生を物語る

2017年10月31日の活動日誌。

当サイトのタイトルロゴをデザイナーさんに作っていただきました。

私の意図を反映しつつ、遊び心も入れていただき、素敵なロゴになりました。

ただ、ロゴをデザインするだけでなく、私の行動、ロゴを見てくれた方の行動も考えてデザインを提案していただけたことに、とても嬉しかった。

また同時に、ブログの名刺も作成していただいた。

Mizucics Notesの名刺サンプリ

とてもシンプルであるがゆえに、自分で作るとどうもしっくり来ない。
ロゴと名刺の制作を頼んで良かった!

手製本ワークショップの準備

糸かがり手順書のドキュメント作成

糸かがり手順書の作成。

1工程ずつ撮った写真に、解説を入れている。

Story Works/執筆

一文物語365

J企画

「J企画」は、小説のコードネームです。

こっそりこの作品作りを進めていた。

ただ、読者ターゲットや作品内容を考えると、ここでは出しづらいものとなっているため、ここには詳細を載せない。

小説投稿サイトにアップしたので、こっそり執筆を続けていく。

まとめ

J企画の小説は、言葉のレベルを落として書いている。書くことに怖さというか抵抗もあったので、それがないくらいのレベルで書くことにした。

それがどんな反応が出るのか、見ていきたい。

とにかく考えているだけより、走り進んで、走りながら変えていけばいいと感じた。

ロゴも自分で考えていたけど、その手のプロに頼んだ方が当然自分より良いものに仕上げてくれる。

改めて、お金の使い方を学んだ10月だった。

Mizucics Notes 想像力が自分の人生を物語る



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,600本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。