伊勢・飛騨旅行2日目は、古民家を見学し、伊勢神宮でこの1年間を感謝してインスピレーション溢れた一文物語を作り充実した1日-想造日誌

2017年11月3日の活動日誌。

伊勢に来た一つの目的。それは、古民家を見学するため。

というのも、移住を考えている。友人にそんな話をしたら、空いている家があるという。

最初は、冗談まじりであれこれやりたいことを話していたら、一度見に行こうとなって、この旅行が実現した。

こんな風情ある通りにある古民家を見学。しばらく誰も住んでいないので、それなりに手を加える必要があることがわかった。

修繕などどうしていくか、今後話し合いを進めていくことになりそうだ。

松林

海岸

夫婦岩

近くに、夫婦岩岩があり、素晴らしい天気に恵まれ、旅行日和となった。

伊勢神宮

午後から伊勢神宮を参拝。今年1月に京都旅で、1年間のお願いをしまくったので、今日はこの1年間の感謝伝えました。

赤福

赤福の店舗で、お茶とともにいただきました!

Story Works/執筆

一文物語365

朝から海風にあたり、伊勢神宮でパワーをもらって、素敵な一文物語を作ることができました!

旅先でしか書けない物語になりました!

夕方から、飛騨方面に移動し、明日は飛騨高山の町を散策します!

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。