手製本ワークショップ配布資料が完成-想造日誌

手製本ワークショップ用資料

2017年11月9日の活動日誌。

手製本ワークショップの準備

参加者に配布する資料が完成した。糸かがりをするときのポイントや材料、道具の一覧を網羅しました。

糸かがりするときのポイントは、ここどうするんだっけ、というところをピックアップ。

糸かがり手順書もあるので、そちらと合わせて読み返すことで思い出していただけるのではないかと思っている。

これで配布資料の作成が終わった。あとは当日を迎えるのみ。

Story Works/執筆

一文物語365

小説執筆

10行程ではあるが、書き進めることができた。

1週間ほど、手をつけられていなかったので、やっぱり毎日やることが大切だと改めて痛感。

書き慣れみたいなものがあると気づく。

まとめ

ワークショップは、11日(土)。忘れ物がないように、しっかり荷物をまとめたい。

そして、楽しく作ってもらえるよう自分自身もワークショップを楽しみにしている!

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。