第二十五回文学フリマ東京に出店します!

2017年11月23日(木・祝)に開催される文学フリマ東京に出店します!一文物語はもちろん、その他に、新時代Web文学表現研究や手製本、小説に関することを展開していきます!詳細はこちらから。

手製本ワークショップの荷物をまとめ、小説の執筆を進めていてポメラが欲しいと思った日-想造日誌

手製本道具箱

2017年11月10日の活動日誌。

手製本ワークショップの準備

11日のワークショップに向け、荷物をまとめた。

細かい道具は、新調した道具箱に詰め込んだ。

もう少し、小さい仕切りを手に入れられればもっと綺麗に入れられそう。

とにかくワークショップが楽しみだ!

Story Works/執筆

一文物語365

小説の執筆進行

1,000字程書き進めることができた。

時間があったにも関わらず、集中できなかった。ネットに簡単にアクセスできてしまうことがいけない。

テキスト入力のみに特化したポメラ(デジタルメモ機器)が欲しいと思った。

何気に縦書き、原稿用紙入力、そしてそして親指シフト入力もできるので、とても魅力を感じている。

まとめ

執筆に取り掛かる時間を確保しても、集中する環境と意識を維持できなければダメである。

ノートに手書きするのも良いが、色々と手間もかかるので、集中できる環境づくり意識づくりを心がけていこう!

手製本道具箱




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。