MENU
プロフィール背景画像
水島一輝の画像
水島一輝
小説家・ブロガー
当サイト『水輝亭』を運営している水島一輝(みずしー)です。

フリーランス/Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/東京都在住

2018年末までの5年半、毎日一つ、一行だけで完結する一文物語を作り続けていました。
現在、当サイトでファンタジー小説を連載しています。

想像力が人生を豊かにするがモットー!
水島一輝をサポートできます!

初の手製本ワークショップを開催し、ブロガー仲間とブログ談義で刺激をいただいた日-想造日誌

2017年11月11日の活動日誌。

目次

手製本ワークショップ当日

糸かがり手製本ワークショップの荷物

裁断道具や穴を開ける台など、フル装備で会場に向かいました。

糸かがり手製本ワークショップの糸かがり
糸かがり手製本

予想していたより、早く1冊が仕上がったので、2冊作りました。

参加者の方が、持参してくれた英字新聞風の紙がとてもカッコイイノートになりました。

好きな紙を使ってオリジナルノートが出来上がりました。

参加したいただき、ありがとうございました!

ワークショップレポートは、改めて記事にします。

ブログ仲間と夕食

今年の6月から10月までひと月に1回受講していたブログ塾のブログ仲間と、ひと月ぶり再開。

ブログ塾が終わってから、初の集まりとなりました。

ブログの進捗具合や動向、モチベーションの話に始まり、一番興味深かったのは、ブログ管理術。

どのようにブログを管理しているのか、工夫されていて話を聞けてよかった。

それに、個々に活動されていることについても話を聞けて、私も刺激を受けました。

Story Works/執筆

一文物語365

あわせて読みたい
2017年11月11日一文物語
2017年11月11日一文物語彼が血を滲ませるように詠んだ最後の詩を忘れないように、彼女は涙ながらにその一遍を腕に白い糸で刺繍した。2017年11月11日一文物語より

まとめ

ワークショップをやる前は、色々不安なことばかり考えていましたが、実際に開催して、参加者の方に糸かがり手製本を体験してもらうことができた。

ワークショップを開いたことで、新しい発見がたくさんあり、今後それらを取り入れてワークショップや日々の活動にも力を入れていきます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる