第二十六回文学フリマ東京に出店します!

2018年5月6日(日)に開催される文学フリマ東京に出店します!一行小説をメインに、新タイトルのポケットに入る小さな手製本や2017年集BOX、一文物語ベストセレクション冊子を展開していきます!詳細はこちらから。

来週の文学フリマ東京で配布するフリーペーパープチ文物語を作り、お手製ノート2冊仕立てた。-想造日誌

フリーペーパープチ文物語

2017年11月16日の活動日誌。

文学フリマの準備

一文物語のフリーペーパー、プチ文物語をプリントしてミニ冊子を作った。

今年の6月から11月までの一文物語10選。何が選ばれているかは、お楽しみで!

ブースで配布します!

新時代Web文学の表現研究ドキュメント

Web文学での表現研究の中間報告書として、ドキュメントをまとめている。

ブログでアップしていたものをまとめ直します。

お手製ノート

糸かがりお手製ノート2冊

2冊、仕立てました。

花柄の表紙の紙は、布紙。肌触りが紙とまた違って、持つのも楽しい。

Story Works/執筆

一文物語365

小説の執筆進行

取り掛かるも、数行にとどまる。

まとめ

文学フリマのイベントまであと1週間となり、ようやく出す内容が見えてきて、そして形になり始めていてワクワクしている。

フリーペーパープチ文物語



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。