第二十六回文学フリマ東京に出店します!

2018年5月6日(日)に開催される文学フリマ東京に出店します!一行小説をメインに、新タイトルのポケットに入る小さな手製本や2017年集BOX、一文物語ベストセレクション冊子を展開していきます!詳細はこちらから。

お手製ノートを3冊糸かがりして、ブースクロスを発注した-想造日誌

糸かがり手製本で仕立てたノート

2017年11月18日の活動日誌。

お手製ノート

3冊糸かがりだけした。表紙に合わせて、糸の色も違うので、糸かがりも楽しい。

見返しにどんな紙を貼ろうか。

悩むのも、また楽しいもの。

糸かがり手製本のノート

先日出来上がった1冊の写真。

文学フリマ東京の準備

Mizucics Notesのブースクロスデザイン

イベント当日、テーブルに引くクロスを注文した。

今回は、当ブログタイトルそのままのサークル名なので、ロゴデザインもそのまま。

ブースクロスは、印刷のグラフィックが運営する同人誌印刷や同人グッズ作成なら同人誌印刷所コミグラ!で発注しました。

新時代Web文学の表現研究ドキュメントの作成

販売するドキュメントを作成中。プリントする時間もあるので、早めに内容を仕上げていきます。

Story Works/執筆

一文物語365

まとめ

1日1日すぎるごとにイベント当日が近づいてきて、程よい緊張感が生まれてくる。

半月ほど前は、ぼんやりとしかイベントのことを想像できていなかったが、だんだんと形が見えてきた。

楽しんで形にしていこう!

糸かがり手製本で仕立てたノート



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。