MENU
水輝亭ルーム
小説ルーム Novel Room
一文物語 One Sentence Story Room
ブログルーム Blog Room
素僕ルーム Naturally Room

プロフィール背景画像
水島一輝の画像
水島一輝
小説家・ブロガー
当サイト『水輝亭』を運営している水島一輝(みずしー)です。

フリーランス/Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/東京都在住

2018年末までの5年半、毎日一つ、一行だけで完結する一文物語を作り続けていました。
現在、当サイトでファンタジー小説を連載しています。

想像力が人生を豊かにするがモットー!
水島一輝をサポートできます!

最後の1冊の糸かがりで指を針で刺し、文フリに出すドキュメントができあがりつつある-想造日誌

2017年11月20日の活動日誌。

目次

お手製ノート

最後の3冊を糸かがりした。(アイキャッチ画像)

その最後の1冊を糸かがりしているときに、もうすぐ出来上がると嬉しくて浮かれたのか、夜で集中力が切れていたのか、針を指に刺してしまった。

血が出たけど、すぐに止まった。

針先は、鋭く尖っているわけではないが、刺さる時には刺さるのでした。

寝る前に、刺激的なことをするのは良くありませんね。

出来上がったノートを写真に撮りました。↓

糸かがり手製本で仕立てたノート
糸かがり手製本で仕立てたノート
糸かがり手製本で仕立てたノート
糸かがり手製本で仕立てたノート

文学フリマ東京の準備

Mizucics Notesのブースクロス

発注していたブースのテーブルにかけるクロスが届いた。

私はこのクロスのかかったブースにおりますので、お立ち寄りください!

第二十五回文学フリマ東京に出すドキュメント

販売するドキュメントが出来上がってきている。

  • 糸かがり手順書
  • 糸かがり手製本の材料と道具
  • 新時代Web文学表現の研究 第1次中間報告書

この他にも、一文物語の本も販売してますので、ぜひ、お立ち寄りください!

Story Works/執筆

一文物語365

あわせて読みたい
2017年11月20日一文物語
2017年11月20日一文物語谷の冬は寒さに閉ざされ、身動きが取れず、自動販売ボタンで注文すると、山を滑降して届けられる物は凍りつき、時々、死者が出る。2017年11月20日一文物語より

まとめ

イベントに出す品が揃い始めて終わりの目処がたった。

あとは、ブースデザイン用に値札やポスターを作ります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる