映像用の背景画像制作や古い写真のレタッチ作業をした3日間-創作日誌

映像用の和風背景

2018年11月13日の創作日誌。

11日、12日、13日と、急遽頼まれた映像制作で使用する画像を作っていました。

和風の背景制作と、スキャンした写真50枚ほどをレタッチ。

デジタルでよみがえる

写真は、古めの写真だったので、スキャン。

汚れや傷をパソコン上で直して、色調整。

Photoshop様様です。

これから、これらの写真を見せる映像を作っていきます。

和風背景

写真は、横縦と長さが違ってくるので、背景を作成。

和風な感じを要望されたので、素材集からパーツを集めて、背景作り。

作った背景をご紹介。

映像用の和風背景
和紙の画像に、花びらのパースを溶け込ませています。
映像用の和風背景
映像用の和風背景
映像用の和風背景

まとめ

普段とは違う制作をしていて、何かを作る楽しみは変わりませんでした。

それに、もっと良くするにはどうしたらいいか、そんな風に考えていて、新しい気づきもありました。

また、文字から少し離れていたせいか、小説が読みたくなったのは面白かった現象です。

明日からは、映像制作の工程に入っていきます。

久々の映像制作、楽しんで作業していきます。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。