一文物語を改題しようかと考え中-想造日誌

一文物語365 One Sentence story

二日くらい前から、一文物語というタイトルをぼんやり変えようかと思い始めています。

「一文物語365」というどストレートでわかりやすいのは、とても気に入っています。

毎日、一文だけの物語を綴るという意味では良いとは思います。

ただ、一文物語というだけで、私が思う一文物語の世界観がタイトルに表現できていないと思うようになりました。

一文物語という体裁は変えず、タイトルを広げてみようと考えています。もちろん、毎日更新していくことも続けて行きます。

 

糸かがり手製本も作り続けて行きます。その中で、一文物語と手製本はん・ぶんこというスタイルをさらに一体化させたいとも思っています。

というのも、2018年の手製本から、表紙の作りを変えようと思っています。

新作「舞」までの手製本は、厚紙を使用したハードカバー仕様です。
これをもっとラフな仕様にしようと思っています。

手製本の3作構成は変わりません。

糸かがり手製本はん・ぶんこ一文物語365 シリーズ

それに今年は、一文物語を始めて5周年を迎える年になります。タイトルを一新するにもちょうど良いと思い立ったわけです。

なんとなくタイトルは思い浮かんでいますが、新しい手製本を作成する前には確定したいと思います。

Web小説連載中!

ファンタジー小説「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
泳げない少女が、予言の子として理想水郷を作る異世界に移動してしまう。蝶の羽を生やす妖精の力を得て、理想水郷となる島を巡って、この世界に隠された力を奪い合う争いに巻き込まれる。

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。