小説「魔法解析探偵録」第4話の途中までアップ。表紙を作りました!-創作日誌

タイプライター

2018年2月16日の創作日誌。

本日、オンライン小説「魔法解析探偵録」の第4話をアップしました。予定した分全部ではありませんが、切りの良いところまでアップしました。

「魔法解析探偵録」は、オンライン投稿サイトエブリスタで読むことができます。

魔法学校であるエアリスローザの全体像が少しずつ明らかに……。

魔法解析探偵録の小説表紙を作りました

小説「魔法解析探偵録 緋色の探求者」の表紙

なかなか表紙のイメージが思いつかず、サイトのテンプレートままにしていました。

やはり表紙があった方が見栄えもいいし、作りました。

イメージにあった写真を見つけられたと言うのもあり、形にすることができました。

赤い光の反射が緋色を掛け合わせられてよかったと思います。

まだ、4話の途中までしか出来上がっていないので、続きを書かなければ。

小説「魔法解析探偵録 緋色の探求者」

現代科学が魔法にとって変わった世界の魔法探偵ミステリー。

魔法 x 事件 x 探偵

マギアシティー・トウキョウにある魔法学校で起きた盗難事件に巻き込まれたチサは、魔法を解析できる唯一の魔法をもつ少年と出会う。

特殊な魔法をもつ少年が魔法事件の真実を追い求める理由は……。

魔法アクションあり、謎解きありの、ファンタジーミステリー。

オンライン小説投稿サイトエブリスタで公開しています。
「魔法解析探偵録 緋色の探求者」作品ページへ

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。