「ポケットに入る宇宙の望遠鏡ノート」を公開。ひと月分をまとめた一文物語を有料ノートで販売-創作日誌

ポケットに入る宇宙の望遠鏡ノートckip-note

2018年2月から、一文物語は「ポケットに入る宇宙の一文散系」と改題し、引き続き毎日一文だけの物語をアップしてきました。

一文散系となってからは、SNSを宇宙を観測する望遠鏡に見立てて、一文物語の観測を日替わりで更新。

ポケットに入る宇宙の望遠鏡ノート

今回「ポケットに入る宇宙の望遠鏡ノート」として、バラバラに観測されていた一文物語を一つのノートにまとめています。

noteのポケットに入る宇宙の望遠鏡ノートマガジン

note:ポケットに入る宇宙の望遠鏡ノート ckip-note

noteというSNSサービスを使用して、ひと月ごとにノートを作成し、そこにひと月分の一文物語をまとめてます。

ひと月分のノート、200円。

月始めに購入しても、更新されたら続きが読めるようになっています。

各SNS、noteで、一文物語を読んでください!

一文散系 SNS

上記の望遠鏡で、観測状況を毎日お伝えしています。フォローやいいね、歓迎です!

note:ポケットに入る宇宙の望遠鏡ノート ckip-note

ポケットに入る宇宙の望遠鏡ノートckip-note



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。