9/12〜10/7 Pinocchio展に参加します!

9月12日(水)〜10月7日(日)まで、東京・初台にあるMOTOYA Book・Cafe・Galleryにて、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、小説を出展します!詳細はこちらから。

小説「魔法解析探偵録」第5話の最後まで更新!毎日、一行でもいいから執筆して行こうと痛感した-創作日誌

タイプライター

2018年3月9日の創作日誌。

オンライン小説「魔法解析探偵録」の第5話の最後までアップしました。

先週、第5話の1 までしかアップできず、やっと今日、第5話の2と3をアップできました。

「魔法解析探偵録」は、オンライン投稿サイトエブリスタで読むことができます。

第5話は、魔法学校であるエアリスローザで起きた停電事件と、ほぼ同時刻に、取ることができないはずの巻物がなくなって、その真相に迫るお話。

書き慣れるには、毎日、少しでもやった方がいいと痛感

本作は、週一で更新するようにしているのですが、結局は1日で書き上げることがほとんど。とは言いつつも、第5話は2週に分かれてしまった。

その間にプロットを練ったりしていて、でも結局、直前に執筆に取り掛かることになります。

それでも、手が止まることもたびたびあって、書けなくて気持ち的にも辛くなってしまいます。

ブログを始めてちょうど1年ほど立つのですが、気がつくとブログを書くことはそんなに辛くない。

毎日ではないが書き続けてきて、最近になってブログを書くことが以前に比べると楽になったと感じています。

そう考えると、やっぱり週1回ではなく、毎日少しでも取り組むようにしないといけないと痛感しました。

小説「魔法解析探偵録 緋色の探求者」

現代科学が魔法にとって変わった世界の魔法探偵ミステリー。

魔法 x 事件 x 探偵

マギアシティー・トウキョウにある魔法学校で起きた盗難事件に巻き込まれたチサは、魔法を解析できる唯一の魔法をもつ少年と出会う。

特殊な魔法をもつ少年が魔法事件の真実を追い求める理由は……。

魔法アクションあり、謎解きありの、ファンタジーミステリー。

オンライン小説投稿サイトエブリスタで公開しています。
「魔法解析探偵録 緋色の探求者」作品ページへ

タイプライター



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。