Pinocchio展開催中!

10月7日(日)まで、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、もしピノッキオが鉄で作られていたら、という小説を出展しています!詳細はこちらから。

小説「魔法解析探偵録」第8話を更新。小説を書くのも筋トレが必要だ!-創作日誌

プッシュアップバーと腹筋ローラー

2018年4月14日の創作日誌。

オンライン小説「魔法解析探偵録」の第8話の1と2をアップしました。第8話、まだ続きます。

誘拐事件後、チサは学校に行くと護衛をつけられることになる。また、魔物化した生徒はマギア・ロストしたと聞かされる。そして、マヤトの姿はやはり学校にはなく、サトシは……。

「魔法解析探偵録」は、オンライン投稿サイトエブリスタで読むことができます。

魔法解析探偵録緋色の探求者

小説を書くのも筋トレが必要だ

小説を書いているとつくづく思うのです。文章を書くことは、筋トレと一緒だなと。

来たるべき時が来れば、書けるような気もしていたのですが、やはり日々書きつづけていないと書けないと思いました。

魔法解析探偵録の更新は、週一に設定しているのですが、直前にならないと書く気持ちが入りませんでした。

それをどうにかしたく、一日一度は、作品と向き合うようにしました。

たとえ、書かなくても次の一行をどうするのか、少し先の詳細なプロットをどう組み立てるのかなど考えるようになりました。

すると、いざ書こうとなった時に、いつもより早く執筆モードに入れるようになりました。

今までにないスムーズな気持ちの移行を感じ取ることができました。

これも筋トレであり、習慣化なのかなと、改めて感じました。

よくよく考えてみれば、五年ほど続いている毎日一文物語も、意識せずとも作るようになっていました。

たぶん、そう言うことなのでしょう。日々、少しずつやっていれば、執筆筋力がつくのだなと思いました。

奇跡など考えず、一字一字を着実に書いていきます!

プッシュアップバーと腹筋ローラー



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。