自分の言葉で書くことは、稚拙だったとしてもその人の気持ちがこもる!

ノートに削った鉛筆で書く

書くことを習慣化させるため、背伸びした文章を書くことをやめた。そうしないように意識している。

幼稚な言葉の選びであっても、自分の気持ちを込めた言葉選びをするようになった。

ブログの方向性も、自分の作品寄りにしたこともあり、この3日間のブログを書く気持ちがとても楽になった。

いままではしっかりした記事を書いて、紹介するという意識が強くあり、背伸びした文章と内容を考えていた。

そんな時に、noteでコルクの佐渡島さんの記事にたどり着いた。

 言葉は、社会のものだ。自分の生み出した言葉を使っている人はいない。社会が生み出した言葉を借りてきて、社会のではなく、自分の心を伝えなくてはいけない。一つ一つの単語は、社会のものでも、そのつながり方を工夫することで自分の言葉にすることができる。しかし、単語だけでなく、単語のつながりまで社会から借りてくると、どれだけ必死に話しても、自分の本心は届けられない。

自分が話しているのは、借り物の言葉なのか、自分の言葉なのか、その差を理解するようになることが、作家の始まりだ。世の中に溢れている言葉は、そのほとんどが借り物の言葉として使われている。それに気づくことが、物語を作るよりも大事なことだ。

「自分の言葉」で話すのが、作家の始まり | 佐渡島庸平 | note

何かに似せようとしている自分がいた。

腑に落ちた。

引用の中で、使われている言葉で表すなら、「借り物の言葉」に似せようとしていた。

ブログ記事ひとつとっても、あの人のような記事を書きたいと思って、似せた全体の構成、冒頭のキャッチーな言葉使い、文章の並び……。

そうすれば、検索に引っかかって、最後まで読んでくれるのでは、と思っていたりした。

そういう記事を書こうとすると、どうしても時間がかかり、自分が苦しくなっていた。
たぶん、違和感を感じていたんだと思う。

きっと、自分の言いたいことがストレートに言えていなかったんだと思う。

心から言いたいことが稚拙だと思われたくなかった。

書いている文章が幼稚だと思われたくなかった。

そう思われないために、背伸びしたように書くと、辛くてなかなか書けなかった。

今、書いている小説もそうだった。
肩肘張っている。
緊張は必要だが、こわばるほど緊張していては、書けるものも書けない。

けれど、背伸びせず、思ったように言葉を書いてみると、自分の伝えたい言葉が並んでいるように思えた。

それに力強ささえ、感じる。

不思議だ。

書く習慣化

それでも、まだ意識は背伸びしたがっていて、肩肘張っている。
まだ、すんなり書けるようにはいっていない。

毎日、続けていくためには、すんなり書けるレベルのものを続けていくしかない。

思い返せば、一文物語を始めた時もそうだった。

まず、毎日、自分が楽しく書いていけることが前提だったし、気づけば一年続いていた。それが今は四年になる。

背伸びはせず、自分の手の届く範囲でやっていたことを思い出した。
それから少しずつ上を向いて、行けるようになっていた。

この3日間のブログも、苦じゃなくなっている。
切り替えてみたことで、苦しくないことに気づけて良かった。

小説を書くのも、昔のような楽しさもよみがえり始めている。

背伸びすることも、上を向くことも大事だ。
でも、それ以前に、楽しいと思ってやることを忘れてはならない。
その方が、気持ちもこもっている。

初心の気持ちで、もう一度、自分の言葉で書くということを意識して、ものにしていきたい。

ノートに削った鉛筆で書く




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。