11/11 糸かがり手製本ワークショップ開催!

手の平サイズに収まるA7サイズの小さなノートを糸1本で紙をかがり、作っていきます!(定員5名)

Mac・パソコンで小説や文章作成は、Scrivenerがイイ!ファイル管理もこれ1つで可能。

Scrivener

テキストエディターは、Hagoromoを使っている水島です。
使い心地や機能面について書いた記事はこちら。

Hagoromo は縦書きもできて軽快な動作 - Mac有料日本語テキストエディター

2017.03.20

一つのことを書くだけなら、Hagoromoのようなテキストエディターで十分なんです。
しかし、ひとつのプロジェクトでいくつもの文章作成したり、まとめたりしなればならない時もあります。

小説や、論文、書籍類、ブログ、などがパッと思いつきます。

たとえば、小説だと、本文を書く前に、プロットを作り、各登場人物の設定、調べたことをまとめたり、参考資料を保存していきます。

それぞれ、フォルダに区切って、そこにそれぞれテキストファイルや画像ファイルなどまとめていくのが普通だと思います。

私は、フォルダ上で管理するのが面倒になりました。整理が苦手というわけではありません。フォルダの階層を行ったり来たり、アプリケーションを切り替えたり、手間が多いなと感じていました。

一つの画面で、それが完結させることはできないかと思いました。
Webデザインでいえば、AdobeのDreamweaverのようなビジュアルを確認しながら、コーディングも行え、各ファイルの管理も可能なアプリケーションです。

以前、Evernoteを駆使して使っていましたが、自分が考える文章管理には不便さを感じることもあり、別のアプリケーションを探しました。

文章向け、執筆統合開発環境のようなアプリケーションがありました!

 

Scrivener(スクリブナー)

Scrivener画面

左側でプロジェクトに関する書類を管理していきます。

Draftに本文をまとめていき、Draft以外の場所にもフォルダを自由に作成できるので、登場人物や資料などのフォルダを作成して管理できます。

これでいちいちウィンドウを行き来せずに済みます。

Scrivenerのダウンロード

トライアル版

30日間、すべての機能を無料で試すことができます。
私も、ひと月じっくり使い倒して購入を決めました。
お値段高めなので、ここはじっくり使ってから決めましょう。

Scrivener トライアル版ダウンロードページ
http://www.literatureandlatte.com/trial.php

ライセンスの購入は、開発元から直接購入できます。
Mac版は、App Storeでも購入可能です。トライアルはできませんので、上記のリンクからトライアル版をダウンロードしてください。

Scrivener
Scrivener
Developer: デベロッパ:Literature & Latte
Price: ¥5,400

日本語化ファイル

Windows
Scrivener 日本語化ファイルと手順 – WEB小説の作り方
http://sanmarie.me/word/scrivener/

Mac版Scrivenerの日本語化(完訳) – あまたの何かしら。
http://amatanoyo.hateblo.jp/entry/2014/09/09/194923

 

アイデアをまとめるのもScrivenerで!

コルクボード画面

Scrivenerコルクボード表示

コルクボード表示と呼ばれる画面があります。その名の通り、紙をぺたぺた貼るように、アイデアを俯瞰してみることができます。

概要と書類は連動するので、文章を書き進める中で、概要を確認できるようなレイアウトになっています。

また概要以外にも、書類に付随するメモやアイデアの断片を残しておく書類のノート機能もあります。これ以外にもメモなどを残す機能もあります。

 

書類の整理もこれひとつで!

Scrivener上で、書類を作成していくことで、フォルダの整理に苦しまずに済みます。

Scrivener画面分割

書類画面を分割することも可能です。

私が書き続けている一文物語。本文以外の書類もScrivener上に作成しています。

文章以外にも、Webページを読み込んだり、画像も保存しておくことが可能です。

Scrivenerで作成した書類をひとつのファイルに統合して、書き出すことも可能です。こういった機能があることで、Finderやエクスプローラ上でフォルダを意識することなく文章を構築していくことができます。

これで、いくつもファイルを開いたりすることもなくなりました。

 

設定の自由度!

Scrivenerカーソル行ハイライト

Scrivenerは、Hagoromo同様、テキスト書類の背景やカーソル行のハイライト設定も可能です。

Scrivenerタイプライター表示

各ウィンドウの文字の大きさも変更できたり、テキスト入力行を画面の中央に固定できるようなタイプライター設定もあります。位置設定は、いくつか選ぶことができます。

本当に機能が満載なので、初めて使うときはとまどいます。
しかし、Scrivenerを使って小説を執筆された方が、Scrivenerの使い方に絞った本を出されています。

私もこれを買いました。
実にわかりやすく、Scrivenerの画面と説明で、どの機能をどう使ったら良いか、丁寧に説明されています。

一通り読むことで、Scrivenerを簡単に扱えるようになりました。

本の構成が、文章作成の流れにそっているので、とても効率的にアイデア出しから、文章の作成まで把握することができます。

 

Scrivenerに足りないこと

Scrivenerは、海外のアプリケーションです。
インストール時は、メニューが英語です。しかし、有志の方々が作成されたパッチを当てることで、日本語化も可能です。ありがとうございます!

Scrivenerでは、縦書きができません。海外製品ということもあり、これはまだ課題ですね。しかし、Scrivener内のファイルを縦書き可能なエディターで読み込んで編集することは可能です。

ビジュアルまで完成された原稿を目指すようなレイアウト設定には向いていない。
海外製品ということもあり、今のところ日本語でのレイアウトは向いていません。(文字数のカウントは問題はありませんが)
文章のみScrivenerで完成させ、レイアウトは別のアプリケーションで行う流れが良いでしょう。

一行何文字、一ページ何行といった細かいレイアウト設定にも向いておりません。
用紙サイズとフォントサイズは、設定できるので、調整することは可能です。
(このあたりを設定できるようになったら、素敵なのですが)

 

まとめ

短い文章のストックから、論文、長編小説を書いていく上では、強力なツールです。

また膨大な書類や文章、原稿を作成し、管理していく上では、Scrivenerは十分可能性を秘めたアプリケーションです。

ぜひ、一度使ってみてはいかがでしょうか。

Scrivener
Scrivener
Developer: デベロッパ:Literature & Latte
Price: ¥5,400

Scrivener Webサイト
https://www.literatureandlatte.com/scrivener.php

Scrivener




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。