Scrivener3で地味によくなった3つの機能!

「Scrivener」を導入してから、常に立ち上げておくアプリケーションの1つとなっています。

ミズシー

小説の構想を練るとき、小説を書くとき、ブログの下書きも「Scrivener」で書いています!

2017年11月、7年ぶりにメジャーアップデートとなった「Scrivener3」。

地味に良くなって使いやすくなった機能を紹介します。

目次

ウィンドウのタブ化

Scrivener3のタブ化

「Scrivener3」になって、ウィンドウをタブ化できるようになりました。

現在5つのプロジェクトファイルを立ち上げたで運用しています。

なにか思いついたらすぐにメモできるように、動いている企画は常にデスクトップに表示しています。

Scrivener3のウィンドウ統合

メニューウインドウすべてのウインドウを結合で、ウインドウをタブ化できます。

これで、分散していたウィンドウが、1つのウィンドウで作業できるようになりました。

Scrivener3のタブの分離

ウィンドウを切りはなす場合は、切りはなしたいタブを右クリックして、メニュー新しいウィンドウに移動をクリックします。

これで、タブを切りはなすことができます。

制作状況に合わせたレイアウト

「Scrivener3」では、あらかじめレイアウトを用意してくれています。

Scrivener3のレイアウト選択パネル

レイアウトボタンの矢印をクリックすると、レイアウトリストが表示されます。

Scrivener3のコルクボード表示
コルクボード表示

物語全体の流れを作ったり、アイデアを並べていくコルクボード表示

メモしたカードを俯瞰して眺めることができます。

Scrivener3のアウトライン表示
アウトライン表示

アウトライン表示で全体を整理できます。

Scrivener3のデュアルナビゲーション画面
デュアルナビゲーション表示

画面が左右に分割されるデュアルナビゲーション表示で、「作成文章」や「資料」をそれぞれ開いておけるようになりました。

プロジェクトブックマークで、ドキュメントをすぐに表示

Scrivener3のプロジェクトブックマーク

プロジェクトブックマークに、ドキュメントを登録しておくと、すぐにドキュメントへのアクセスが可能になります。

頻繁に表示するものや、よく確認するドキュメントを登録しておくと便利です。

まとめ

複数のプロジェクトを行ったり来たりすることがよりできやすくなりました。

一つのプロジェクト内に、複数のドキュメントを作ることができるScrivener。簡単にドキュメントへのアクセスもより楽になりました。

構想まで執筆までできるScrivener3は、バージョンアップしたことでより使いやすい執筆エディターとなっています。

30日間のトライアル版ダウンロードはこちらから。
Literature & Latte

Scrivenerに関する記事

小説作品リンク

たった一文で完結する一文物語や、ファンタジー小説をオンライン小説投稿サイトで公開しています!

ぜひ、フォローしてください!

Scrivener3 for macの表示

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちらから!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
上へ
目次
閉じる