Scrivener3で、新規テキストを自作したテンプレートから作成する方法!

Scrivener3のテンプレート設定

Scrivenerでは、白紙からテキストを入力するだけでなく、あらかじめ構成を作り、テンプレート化することができます。

Scrivener2と3では、テンプレート設定のメニューが変更されていて、たどり着くまで時間がかかってしまいました。

分かれば、どうってことなかったのですが。

ここでは小説を書く際、登場人物設定のテンプレートを作成してみます。登場人物の項目を毎回書くのは面倒なので、それをテンプレート化してみます。

目次

テンプレートの作成方法

Scrivener3で、新規フォルダを作成

テンプレート用のフォルダを新規に作成します。左側のナビゲーション欄で右クリックし、メニューから[追加] – [新規フォルダ]をクリックします。

Scrivener3で、テンプレート用のフォルダを作成

新規フォルダに、テンプレートと名前をつけました。フォルダ名は自由につけられます。

Scrivener3で、テンプレート用フォルダに登場人物テキストを配置

作成したテンプレートフォルダに、登場人物設定の項目を書いたテキストを置きます。

Scrivener3のプロジェクトメニュー

メニュー[プロジェクト] – [プロジェクト設定]をクリックします。

Scrivener3のプロジェクト設定の特別フォルダ設定

①ウィンドウの左側メニュー[特別フォルダ]を選択します。
②右側のテンプレートフォルダーのプルダウンを選択します。

Scrivener3で、テンプレートフォルダ用のフォルダを選択

ナビゲーションのフォルダリストが出てくるので、先ほど作成した「テンプレート」フォルダを選択します。

Scrivener3で、テンプレートフォルダ用のフォルダが選択された状態

テンプレートフォルダーの設定に、選択した「テンプレート」が表示されます。
[OK]をクリックして、この設定を決定します。

Scrivener3で、テンプレートフォルダが設定完了

先ほど作成したテンプレートフォルダのアイコンが変わります。同時に、「登場人物」のテキストアイコンもテンプレート用アイコンに変更されます。

これで、テンプレートが出来上がりました。

Scrivener3で、新規メニューアイコンをクリック

このテンプレートを使用して、新規に登場人物を作成してみます。
「登場人物」フォルダをアクティブにしておき、メニューアイコンの[+]の隣にある矢印をクリックします。

Scrivener3のテンプレートから新規テキストを作成

新規に作成できるリストが表示されます。
赤枠の「登場人物」が、先ほど作成したテンプレートの「登場人物」テキストになります。
これをクリックします。

Scrivener3でテンプレートから新規テキストが作成された

新規に「登場人物」テキストが作成されます。
こうすることで、毎回登場人物の設定項目をコピペなどしなくても、簡単に設定テキストを作成することができます。

テンプレートテキストの追加方法

Scrivener3で、テンプレートフォルダが設定完了

新しくテンプレートのテキストを作成したい場合は、設定したテンプレートフォルダにテンプレートにしたいテキストを配置するだけです。

テンプレートテキストの修正

テンプレートに設定したテキストを修正する場合は、そのテンプレートテキストを直接テキストを修正することができます。

この修正は、次に新規でテンプレートを利用して作成するテキストから使用できます。

それ以前に作成したテキストには、反映されません。

まとめ

Scrivener2では、メニューに設定コマンドがあってすぐ実行できたのですが、Scrivener3になって設定メニューが変更されました。

メニュー[プロジェクト] – [プロジェクト設定]で表示される[特別フォルダ]の中に、テンプレート設定があります。

テンプレート設定を一度しておけば、複数の同じ構成テキストを簡単に作成することができて、とても便利な機能です。

Scrivener 3
Scrivener 3
Price: ¥5,400

Scrivenerで執筆して、公開している小説

オンライン小説投稿サイトエブリスタで公開、連載しています。
「魔法解析探偵録 緋色の探求者」

Scrivener関連記事

Scrivener3のテンプレート設定



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。