朝活五週間目-集中力は最初の15分だけ。ちまコツ!

壊れた時計がたくさん

朝活を始めて、ひと月。

ひと月……。

もう、ひと月かぁ。

早い。

なんだかんだ、ひと月、朝活できたのかと思うと、素晴らしい朝の時間を過ごしたと思えた。

 

集中力は最初の15分だけ

朝活を始めた当初は、意気揚々と30分〜45分、やっていた。

新鮮だったし、アイデアもどんどん出た。

この5週間目は、どうだっただろうか。

長くて30分がいいところだ。
ある日は、5分なんてこともあったっけ。

慣れてきたしまったこともあるのか、
思考が昼間の状態に早くなってしまっている。

だいたい15分くらいしか、集中力は持たないと気づいた。

あとの15分が何もできないというわけでもないが、最初の15分がとてもつもない集中力なような気がする。

きっと昼間には出せないような気もする。

一文物語を作る時も、15分くらい集中するとなにか生まれている。
でも、この15分は3年かけて構築できるようになった15分。

それを朝、起き抜けにできるんだから、ある意味気楽に集中力を出せる、ってことなのかもしれない。

数年、放置しっぱなしのプロットが、ここひと月で進化をして形として見えるものになっている。

たかが朝の15分が、ひと月で何か形になるとは、思ってもみなかった。

 

ちまコツ

追い詰められないとやらない。

そういう性もあるが、私はちまちまと時間をかけて積み重ねる性である、と実感した。

短期間ですんごいどでかいものは、作れない。
作れる人が、羨ましいといつも思う。
土壇場ですごい力を発揮するとか。

もし、そのどかいものという終着点が一緒ならば、

私は、ずっと前からコツコツとやっていくしかない。

でなければ、一文物語がこんなにも続かなかっただろう。

この朝活も、それに似た感覚である。

一日のたった15分で、作られた何かはごく小さなものだけど、

それが積み重なると、すんごいものになりそうだ。

想像は止まらない。

壊れた時計がたくさん




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。