Mac向け「薙刀式」入力ver.15Fix版令和6年4月修正Karabiner-Elements用 導入方法

Apple Magic keyboard

日本語かな入力「薙刀式」をMacで実現する「Karabiner-Elements」用の修正版ファイルを作りました。

もとはGitHubにアップされていた「ver.15 Fix版」設定ファイルです。「編集モード」のキー配列が、「ver.14」のままだったので、「編集モード」も「ver.15 Fix版」に合わせる形で、修正しました。

Dropboxにアップしているので、ダウンロードして使用してください。

Karabiner-Elements用「ver.15 Fix版」設定ファイルNaginata_v15-R604.json

この記事では、Naginata_v15-R604.jsonおよび関連する内容について解説しています。

  • Karabiner-Elementsでの「薙刀式」導入手順
  • 設定方法
  • ATOKとの動作
  • キーボードとの相性(表示されない文字あり)

「薙刀式」の開発者、「Karabiner-Elements」用の設定ファイルを制作してくれた先人方たちに感謝します!

目次

設定ファイル「Naginata_v15-R604.json」について

GitHubにアップされていたものをベースに、「ver.15 Fix版」に修正しています。

参考

【GitHub】tor-nky/KE-complex_modifications-NAGINATA: 薙刀式かな入力(v14)をMac OSに実装します

GitHub
GitHub - tor-nky/KE-complex_modifications-NAGINATA: 薙刀式かな入力(v14)をMac OSに実装します 薙刀式かな入力(v14)をMac OSに実装します. Contribute to tor-nky/KE-complex_modifications-NAGINATA development by creating an account on GitHub.

【GitHub】funatsufumiya/KE-complex_modifications-NAGINATA-v15: 薙刀式かな入力(v14, v15)をMac OSに実装します

GitHub
GitHub - funatsufumiya/KE-complex_modifications-NAGINATA-v15: 薙刀式かな入力(v14, v15)をMac OSに実装... 薙刀式かな入力(v14, v15)をMac OSに実装します. Contribute to funatsufumiya/KE-complex_modifications-NAGINATA-v15 development by creating an account on GitHub.

主な修正点

設定ファイルNaginata_v15-R604.jsonは、「編集モード」キー配列を大幅に修正しています。

  • 文字配列「、」を確定する「、」に修正
  • 「編集モード」キー配列を「ver.15 Fix版」に修正

設定ファイル「Naginata_v15-R604.json」のファイル命名について

GitHubからダウンロードした元ファイル名は、Naginata_v15.jsonでした。

それと区別するために、「R604」を追加しています。

修正したのが、令和6年4月だったので、「元号」と「月」をつけています。

「Karabiner-Elements用」設定ファイルの特徴

縦書き・横書き両方で使用できる

「薙刀式」は、縦書きでの入力を基本に開発されています。

「Karabiner-Elements」用の設定ファイルでは、縦書き・横書きどちらでも動作します。

なにも設定を変える必要がありません。
(使用してわかった)

「――」ダーシについて

「編集モード」の1面にある「――」ダーシは、横書きで入力していても、縦書きのまま表示されます。

例:││

その他の「編集モード」キーは、縦書き・横書きどちらでも動作します。

ミズシー

横書き入力がメインだから、「長音」を割り振って変換するのでもいいかなぁ……
(ひとまず「薙刀式」入力に慣れたら考えよう)

「Karabiner-Elements」での「薙刀式」導入手順

参考

【GitHub】funatsufumiya/KE-complex_modifications-NAGINATA-v15: 薙刀式かな入力(v14, v15)をMac OSに実装します

GitHub
GitHub - funatsufumiya/KE-complex_modifications-NAGINATA-v15: 薙刀式かな入力(v14, v15)をMac OSに実装... 薙刀式かな入力(v14, v15)をMac OSに実装します. Contribute to funatsufumiya/KE-complex_modifications-NAGINATA-v15 development by creating an account on GitHub.

①「Karabiner-Elements」のインストール

「Karabiner-Elements」ウェブサイト

キー配列を変更するためのアプリをインストールします。

「Karabiner-Elements」のサイトからダウンロードして、インストールしてください。

Karabiner-Elements
Karabiner-Elements Karabiner-Elements A powerful and stable keyboard customizer for macOS. Download v14.13.0 Toggle Dropdown Download v14.13.0 For macOS 14 Sonoma For macOS 13 Ven...

②Macキーボードの種類を追加

「薙刀式」入力する際、「Karabiner-Elements」側で正確に動作させるために必要な設定になります。

Mac設定アプリのキーボード設定

[システム設定]アプリを起動します。
[キーボード]-[テキスト入力]-[入力ソース]の編集ボタンをクリックします。

Mac設定アプリのキーボード設定入力ソース

をクリック。

Mac設定アプリのキーボード設定入力ソース追加

①一覧から「英語」-「U.S.」を選択して、追加します。

Mac設定アプリのキーボード設定入力ソース追加

②また一覧の「その他」から「Unicode 16進数入力」を選択して、追加します。

Mac設定アプリのキーボード設定入力ソース

もし、追加したキーボードが不要になったら、入力ソースのキーボードを選択して、をクリックすると削除できます。

削除したキーボードは、一覧リストに戻るので、ふたたび追加することもできます。

先にも書きましたが、追加した「U.S.」「Unicode 16進数入力」キーボードは、「Karabiner-Elements」が自動的に使用するモノです。

「薙刀式」で入力する際は、ご自身が普段使用している日本語IMEで入力できます。

通常は、Mac標準の「日本語入力」、「Google日本語入力」、「かわせみ」、「ATOK」など。

③設定ファイル「Naginata_v15-R604.json」をダウンロード

設定ファイルNaginata_v15-R604.jsonをダウンロードします。

Karabiner-Elements用「ver.15 Fix版」設定ファイルNaginata_v15-R604.json

④「Karabiner-Elements」で、「薙刀式」用のプロファイルを作成

プロファイル機能を使って、「現在の入力環境」と「薙刀式」入力を簡単に変更できるようにします。

現在の入力環境(デフォルト)プロファイルを作成

「Karabiner-Elements」をインストールすると、タスクバーに「Karabiner-Elements」のアイコンが表示されます。

「Karabiner-Elements」アイコンメニュー

タスクバーの「Karabiner-Elements」アイコンをクリックして、[Settings…]を選択します。

「Karabiner-Elements」設定画面「Profiles」タブ

[Profiles]タブをクリックします。

+ Add new profileボタンをクリック。

「Karabiner-Elements」設定画面「Profiles」タブ

作成された「New profile」のEditボタンをクリックして名前を変更します。

「Karabiner-Elements」設定画面「Profiles」タブ

ここでは「Default profile」と名前をつけて、Saveをクリック。

これで現在の入力環境のプロファイルが作成されました。

「薙刀式」入力環境のプロファイルを作成

同じ手順で、「薙刀式」入力用のプロファイルを作成していきます。

「Karabiner-Elements」設定画面「Profiles」タブ

+ Add new profileボタンをクリック。

「Karabiner-Elements」設定画面「Profiles」タブ

作成された「New profile」のEditボタンをクリックして名前を変更します。

ここでは「Naginata profile」と名前をつけて、Saveをクリック。

「Karabiner-Elements」設定画面「Profiles」タブ

これで「薙刀式」入力用のプロファイルが作成されました。

「Naginata profile」をクリックすると、プロファイルが切りかわります。

現在のプロファイルが「Naginata profile」であることを確認しておきます。

また、タスクバーの「Karabiner-Elements」アイコンからも、プロファイルを簡単に変更できます。

「Karabiner-Elements」アイコンメニュー

⑤「薙刀式」入力の設定ファイルのインポート

先にダウンロードしておいた設定ファイルNaginata_v15-R604.jsonを、「Karabiner-Elements」に読みこませます。

「Karabiner-Elements」設定画面「Misc」タブ

「Karabiner-Elements Settings」画面の[Misc]タブをクリックします。

[Export & Import]欄のOpen config folder(~/.config/karabiner)をクリックします。

Finder「karabiner」フォルダ

Karabinerフォルダが開きます。

Finder「complex-modifications」フォルダ

assetscomplex-modificationsを開きます。

complex-modificationsフォルダに、設定ファイルNaginata_v15-R604.jsonを移動させます。

Finder「complex-modifications」フォルダ

これで「Karabiner-Elements」に設定ファイルNaginata_v15-R604.jsonが読みこまれました。

⑥「薙刀式」入力の設定

「Karabiner-Elements」設定画面「Profiles」タブ

確認:[Profiles]タブで、「Naginata profile」が選ばれていることを確認しておきます。

「Karabiner-Elements Settings」画面を開きます。

「Karabiner-Elements」設定画面「Complex Modifications」タブ

[Complex Modifications]タブをクリックします。この画面で、「薙刀式」入力の設定を行います。

+ Add predefined ruleボタンをクリックします。

「Karabiner-Elements」設定画面「Complex Modifications」薙刀式設定を追加

「Japanese NAGINATA STYLE(v15-R604)~」欄にある「A群」「B群」を追加していきます。

もし、「薙刀式」設定が表示されない場合は、設定ファイルNaginata_v15-R604.jsonが正しいフォルダに移動されていない可能性があります。

「Karabiner-Elements」設定画面「Complex Modifications」薙刀式設定を追加

まず、「A1: 薙刀式v15 fix版《同時連続シフト拡張》」の横にある+ Enableをクリックします。

「Karabiner-Elements」設定画面「Complex Modifications」薙刀式設定を追加

[Complex Modifications]に「A1: 薙刀式v15 fix版《同時連続シフト拡張》」が追加されました。

また+ Add predefined ruleボタンをクリックします。

「Karabiner-Elements」設定画面「Complex Modifications」薙刀式設定を追加
  • A2: 薙刀式v13以降《編集モード簡便化》
  • B: 薙刀式v15 fix版

2つを同様の手順で、追加します。

「Karabiner-Elements」設定画面「Complex Modifications」薙刀式設定の並び替え

「A1」「A2」「B」の3つが追加できたら、↑↓アイコンをドラッグして、上から「A1」「A2」「B」と並び替えます。

「Karabiner-Elements」設定画面「Complex Modifications」薙刀式設定

注意:上にあるほど、優先度が高くなります。
この「薙刀式」設定ファイルは、上から「A」「B」「C」の順番でないと上手く動作しないので注意してください。

これでが「薙刀式」入力ができる状態になりました。

補足

「B群」1つだけでも「薙刀式」入力は可能ですが、「A1」「A2」を設定しておくことで、より「薙刀式」入力がしやすいと思います(個人の感想)

「A1」「A2」を外したり、「C1」「C2」を追加して、入力の違いを確かめてみてください。ご自身に合う設定を見つけてください。

ちなみに、「C1:薙刀式《左右シフトかな拡張》」を追加すると、左右のshiftキーをセンターシフト(スペースキー)と同じ動作になります。

ただし、「C1」を有効にしておくと、shiftキーを押したままアルファベット入力ができなくなるので、注意してください。

私は、「A1」「A2」「B」のみで入力しています。この3つで入力しやすくなっています。

動作確認環境

設定ファイルNaginata_v15-R604.jsonの入力確認をした私の環境です。

使用するキーボードやIME、テキストエディタによっては、入力挙動が変わる場合があります。

とくに「編集モード」のコマンドには、マクロ(プログラム)が組まれていて、使用環境やエディタによっては、微妙に挙動が変わることがあります。

また、私の環境で「ATOK」のショートカットが起動したり、ロジクール製キーボードで、表示されない文字があったりしました。あとで少し触れています。

私のMac環境

  • Mac:iMac Retina5K, 27-inch, 2019
  • macOS:Sonoma 14.4.1
  • Karabiner-Elemnts:ver.14.13.0
  • IME
    • ATOK:ATOK for Mac Ver.33.0.2(ATOK Passport プレミアム)
    • 日本語入力(Mac標準)
  • キーボード
    • ロジクール MX Keys mini KX700 (日本語配列)
    • ロジクール Wave Keys K820 (日本語配列)
    • Apple Magic Keyboard(日本語配列)

「ATOK」のショートカットが起動してしまう問題(解決策あり)

「編集モード」の一部キー操作で、「ATOK」のショートカットが実行されてしまいます。

「編集モード」のマクロが、「ATOK」のショートカットと同じなためです。

「ATOK」の以下2つのショートカットを削除(もしくは変更)することで、問題なく入力できるようになります。

  1. 文字パレット [^⇧B]
  2. 単語登録 [^⇧N]
ATOKタスクバーアイコンメニュー

「ATOK」ショートカットの削除は、「ATOK」のメニュー[キー・ローマ字カスタマイズ]から行えます。

ATOK「キー・ローマ字カスタマイズ」画面

[キー設定]からショートカットを変更できます。

もし、[キー・ローマ字カスタマイズ]に変更を加える際は、今使用している設定を複製してから変更しましょう。をクリックして、複製できます。

ロジクール製キーボードで、入力できない文字がある

私が使用しているロジクールのキーボードで、入力できない(されにくい)文字があります。

入力できない文字

  • じゃ
  • びゃ
  • でぃ
  • 『』

「MX Keys mini」、「Wave Keys」の両方で、入力できません。

ほかの3キー同時押しは、問題なく入力できます。

「Logi Bolt」接続、「Bluetooth」接続のどちらでも変化はありませんでした。

ただ、「Apple Magic Keyboard」だと、普通に入力できます。

おそらくロジクールのキーボード自体の問題なのかと思っています。たまたま「MX Keys mini」、「Wave Keys」で起こることなのか、ロジクールキーボード全体で起こるのかは、わかりません。

「じ」+「ゃ」と1つ1つ入力すれば、いいんですが……

「薙刀式」のスピーディーな入力ではなくなります。

まとめ

「薙刀式」入力に出会って、キー配列だけでなく、機能性も合わせられた魅力にハマってしまいました。

勝手ながら、「編集モード」の配列をver.15に修正させてもらいました。

あらためて、「薙刀式」そのものを生み出してくれた開発者、そしてMac向け「Karabiner-Elements」用に作ってくれた先人、アップデートしてくれた先人たちに感謝します。

Apple Magic keyboard

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次