2018年後半に向けて、新作を準備中。中編小説と風変わりな作品と長編。

新作2018年後期

ここ最近は、依然として、一文物語くらいしか表に出せていません。

現在は、5月に長編小説1作品を書き終えてから、次の作品に取りかかっています。

2018年後半に向けて、いくつか取り組んでいる作品があります。

コードネーム:鉄(中編小説)

9月頃には、手に取れる形になる予定です。

本作は、手製本で仕立てる予定です。

現在、執筆中です。8月中旬には、手製本制作の工程に入れればと思います。

また、制作工程をブログにアップできたらいいなと思います。

コードネーム:短短集

一文物語で、物語集の少し風変わりな作品(物理)になる予定です。

こちらは11月くらいに形になる予定です。

上記の鉄作品が終われば、本格的な制作に入る予定です。

コードネーム:水飲み場(長編小説)

昨年からプロットを組んで、冒頭まで執筆して止まってしまっている長編小説。

鉄の作品が終わったら、こちらもまた執筆を再開して、年内には完成させたいと思っています。

まとめ

来年前半に向けても、長編小説を書くつもりでいるので、上記3作品と並行して、2018年内は下調べとプロット作りを進めて行きます。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。