一文物語365、5年半の更新を終えて、自分の新しい物語の旅が始まる!

一文物語365終止

2013年6月28日にスタートした一文物語365は、本日の更新を終え、5年半続きました一文物語は終了しました。

終わらせることを決めていた12月の下旬は、特にそわそわした日々でした。

あまり手がつけられず、一文物語以外に集中できませんでした。

本当に終えてしまっていいのだろうか。やめると言った以上、ひとまずやめるが、本当にいいのだろうか。

やめた後の自分があまり想像できず、先の見えない不安ばかりに悩まされていました。

でも、今日、最後の更新を終えてみて、それでいいんだと感じました。

2013作

2013日間、1日も欠くことなく、更新することができました。改めて、自分の置いた環境に感謝します。

2013日続いたので、一文物語365の作品数は、2013作。

この2013という数字が、一文物語を始めた2013年と強く重なる印象なのです。

そこにどんな意味があるかはわかりません。

始めた時に戻るということなのか、初心を忘れるなということなのか。

最初に戻るとしても、その時にはなかった2013作が、私の中にはあります。

5年半前の自分とは、少し違っています。

新しい物語の旅へ

小説を書くこと、小説を読むことは、ここではないどこかを旅することに似ていると感じています。

5年半の一文物語の旅は、自分を救う旅でもありました。

精神的に落ち込んだ状況でも一文物語だけは続き、今日まで導いてくれているように感じました。

だから、一文物語はその役目を終え、終わらせていいと思えました。

一文物語が終わることにそわそわし、やめることに不安も覚えましたが、それはまた新しい物語という旅の始まりなのだと思います。

不安とはいえ、心のどこかでワクワクしている自分もいるのです。

一文物語を書かない私は、一体何をするのだろうか。

一行一行に一文物語を込めて

一文物語を書いてきたことで、一行を、一文をどう書くか、やっとわかりました。

これからは、それを活かして、一文物語を書いてきた私らしい小説を書いていきたいと思います。

たくさんある一行が、一文物語であるかのように感じとれたら、それはきっと新しい一文物語かもしれません。

一文物語の終わりは、まだ見ぬ小説の物語と私自身の物語の旅の始まりです。

一文物語を応援していただき、ありがとうございました!

一文物語の手製本制作や今後のイベント出展については、こちらの記事をご覧ください。

一文物語関連記事

有料note販売中!

約2,000作ある中から厳選した一文物語セレクション集!クスッと笑えるものからシュールなものまで!

Web小説連載中!

ファンタジー小説「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
泳げない少女が、予言の子として理想水郷を作る異世界に移動してしまう。蝶の羽を生やす妖精の力を得て、理想水郷となる島を巡って、この世界に隠された力を奪い合う争いに巻き込まれる。

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。