一文物語365 2013年6月集

一文物語365 6月
URLをコピーする
URLをコピーしました!

一文物語

28

日の出が昇るとともに彼は、家を出て行った。

29

適当に手に取った本を読みながら、そこに出てくる「方向の言葉」通り進んで海までやって来た彼は、そこで本の続きを読むと「まっすぐ進み、」と書かれていた。

30

さらわれた姫を救うため敵を倒し、ついに最強となった彼より弱いものは誰もいなくなった。

あわせて読みたい
一文物語365 2013年7月集 【一文物語】1雪の結晶を撮った写真が表紙の本を買って自宅で開くと、本の間から雪の結晶をかたどった小さな紙が1枚落ちてきて、なんて素敵な1ページ目を演出してくる本...

一文物語365の本

Mizuc ism
ページが見つかりません。 | Mizuc ism 水島一輝の小説・ブログサイトです。小説作品の連載やブロガー向け記事、ライフスタイルを日々更新中!

ブログ・サポートsupport

ブログコンサルティングサポートサービス

ブログを継続的に発信していくサポートを行っています。

ブログのお悩みや技術的なことを相談できます。

WordPressブログのコンサル・運用サポートプランもあり、メンテナンスやトラブルにも対応します。

一文物語365 6月

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!