ブログタイトル「水輝亭」→「Mizuc ism」に変わりました!

PDFに埋め込まれたテキストをアウトライン化して、Illustratorに読み込む方法!

PDFに埋め込まれたテキストをアウトライン化
URLをコピーする
URLをコピーしました!

IllustratorでPDFを読み込むことは、とても簡単です。

特に、PDF内にある画像をただ読み込むだけなら、問題はありません。

アウトライン化されていないPDFを読み込む場合、自分のPCに、PDFに使用されているフォントがないと、フォントが変わってしまいます。

PDFに埋め込まれたテキストをアウトライン化して、Illustratorに読み込む方法をご紹介します。

目次

CC以前なら、読み込んでくれた?

CC以前なら、フォントがなくても、編集しなければ、そのまま読み込んでくれたと記憶していますが……。

以下のような画面が表示されてしまいます。

イラストレーター、フォントが見つからない
イラストレーター、環境にないフォント

このまま読み込んでしまうと、代替フォントが適用されて、テキストが別のフォントに割り当てられてしまい、デザインが変わってしまいます。

このPDFは、Illustratorか、InDesignで書き出しされて制作されたものだと思います。

本当なら、その編集データをいただけるのが良いのですが、もちろんテキストはアウトライン化された状態で。

しかし、今回はPDFを読み込まざるを得ませんでした。

テキストが埋め込まれたPDFを一手間かけて、PDFの中のテキストをアウトライン化させる方法をご紹介します。

Adobe Acrobat Pro DC のプリフライトを使用する

Adobe Acrobat Pro DCを立ち上げ、対象のPDFをAcrobatで開きます。

Adobe Acrobat プリフライト

[編集]メニューから[プリフライト]を選択します。

Adobe Acrobat プリフライト アウトライン化

プリフライトのウィンドウが表示されます。PDFフィックスアップの中から、「フォントをアウトラインに変換」を選択します。

[解析してフィックスアップ]を実行します。

Adobe Acrobat プリフライト実行

実行中画面が表示されます。

PDF保存画面

保存画面が表示されるので、別名を付けて保存します。

書き出されたPDFをイラストレーターに読み込むと、代替フォントのウィンドウは表示されず、テキストがアウトライン化された状態で読み込むことができます。

なかなかこの情報が見つからず、探していたところ同じように悩まれた方が解決策を記事にされていました。

こちらの記事を参考にさせていただきました。ありがとうございました。

インストールされていないフォントの埋め込まれたPDFをAcrobat DCでアウトライン化する | 大石制作ブログ

合わせて読みたい関連記事

ブログ・サポートsupport

ブログコンサルティングサポートサービス

ブログを継続的に発信していくサポートを行っています。

ブログのお悩みや技術的なことを相談できます。

WordPressブログのコンサル・運用サポートプランもあり、メンテナンスやトラブルにも対応します。

PDFに埋め込まれたテキストをアウトライン化

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる